■ 葛飾医療センターTOP

看護部


photo

 看護部長:玉上 淳子

看護部は大学の建学の精神『病気を診ずして病人を診よ』を基盤に、看護とは『生命力の消耗を最小にするよう生活過程を整える』というF.ナイチンゲールの看護の考えを前提として、患者さんを一人の人間として尊重し、相手の立場にたった患者さん主体の看護の提供を目指しています。
また、社会の変化や日々高度化・複雑多様化する医療状況の中で大学附属病院として、また地域の中核病院としての使命と役割を果たすために、PFM(Patient Flow Management)システムを構築し、看護師一人一人がPFMの視点で患者さんの状況を把握し外来から入院・入院から退院後まで一貫した支援を提供し『治し・支える』ケアの実践に取り組んでいます。


葛飾医療センターのPFM(Patient Flow Management)


F.ナイチンゲールは「内科的ないし外科的治療処置が絶対に必要である時期を過ぎたならば、いかなる患者も一日たりとも長く病院にとどまるべきではない、これは例外のない法則である」と述べています。
大学附属病院として「治す」ことと並行して、患者さんの一人ひとりの状況を把握し患者さんの生活を「支える」こと、そして、住み慣れた地域・生活の場に戻ることを目指しています。


地域と葛飾医療センター看護部との連携


患者さんの「住み慣れた地域・家庭で暮らしたい」を支援する体制をより密にするために、訪問看護ステーションの看護師との交換研修を開始しました。訪問看護師は、外来化学療法センターや認定看護師が行っているストーマ外来で治療やケアの実際を体験し、看護師は訪問看護師に同行して、患者さんの在宅での生活の様子に触れることで、各々の課題を見出しています。また、地域の訪問看護ステーションの方々と、年4回症例検討会を院内で開催し、退院に至るまでの調整の過程や、退院後の在宅での様子を共有しています。患者さんへの看護を通して相互の関係を深め、医療者間の良好な関係が、患者さんや家族の「願い・思い」をかなえる支援につながると考えています。


急性期医療に対応した看護提供システム


 「必要とされる治療・ケアを安全に、効果的かつ効率的に提供できる」ことを前提とした体制作りをしています。24時間継続して必要な看護を提供できる看護体制・勤務体制を整備するとともに、他部門の方々と協働して必要な指導や、ケアが提供できるよう職種間の垣根を越えた連携が、最大の強みです。看護師が看護の仕事に専念できるように急性期看護補助加算25対1で配置し、看護師配置7対1で安全・安心な看護の提供に努めています。


葛飾医療センター看護部のご案内


葛飾医療センターで、皆さんも一緒に働いてみませんか?看護師の募集を行っております。
葛飾医療センター看護部の採用情報については下記項目をクリックしてご覧ください。


看護職員募集ページはこちら
葛飾医療センター看護部へようこそ!