■ 葛飾医療センターTOP

神経内科


平成30年4月現在

外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:鈴木 正彦

診療スタッフ
診療部長 鈴木 正彦
医師数 常勤3名

診療内容・専門分野


パーキンソン病や脊髄小脳変性症
脳梗塞・脳出血などの脳血管障害
重症筋無力症
ギランバレー症やフィッシャー症候群
炎症性神経疾患
末梢神経や筋疾患
てんかん

アルツハイマー病などの認知症
多発性硬化症・感染後脳脊髄炎
運動ニューロン病
慢性炎症性神経ニューロパチー
頚椎症、脊髄管狭窄症や脊髄管障害による脊髄症
失神

特色


1) 地域医療機関や在宅・福祉関連部署と連携し社会的・全人的な診療を心掛けています。
2) パーキンソン病や社会的な対策が急がれている認知症等の鑑別診断と適正な治療介入を行ってます。
3) 脳卒中を含む多岐にわたる神経疾患の病態解析を行い、最新の医療情報に基づきながら、生活背景に応じた公的支援形成の構築を行います。
4) 医療ニーズを勘案した診療体制を基軸とし、看護師、ソーシャルワーカー、ケアマネージャーなどのスタッフと医療情報を共有しながら、柔軟でかつ適正な患者サポートの提供を実践します。

患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


▼ 平成28年4月〜平成29年3月実績

初診外来患者数 約650人/年
再診外来患者数 約7,500人/年
紹介率 約98%
新規入院患者数 約200名/年
延患者数 約3,000名/年

疾病別入院患者数(主なもの)

疾病分類 病 名 症例数
脳血管 脳梗塞 8例
脳出血 0例
その他 3例
感染・炎症性疾患 脳炎 2例
脊髄炎 0例
髄膜炎 6例
その他 1例
変性疾患 アルツハイマー型認知症 2例
パーキンソン関連疾患 84例
脊髄症脳変性症 8例
運動ニューロン病 7例
その他 6例
脱髄性疾患 多発性硬化症 18例
その他 1例
脊髄・脊椎疾患 脊髄血管障害 0例
脊椎疾患 5例
その他 2例
末梢神経障害 ギラン・バレー症候群 2例
慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー 10例
その他 3例
筋肉疾患 筋ジストロフィー 1例
筋炎 0例
重症筋無力症 3例
その他 0例
その他   20例
192例

特殊検査・高度先進医療


1) 脳SPECTを用いたパーキンソン病や認知症の早期鑑別診断
2) パーキンソン病や本態性振戦に対する脳深部刺激療法

主な医療機器・設備


当院では脳SPECT,MRI,神経伝導検査、針筋電図、誘発脳波検査など最新の機器とそれを操作する人員をそろえています。


診療スタッフ


診療スタッフ 写真 職位 専門 資格 出身大学
(卒業年度)
診療部長 鈴木 正彦 coming soon 准教授

パーキンソン病

認知症

日本神経学会 専門医・指導医
日本認知症学会 専門医・指導医
日本認知症予防学会 専門医
日本内科学会 認定医・指導医

日本脳卒中学会 専門医・指導医

東京慈恵会医科大学

(平成2年)
診療医員 余郷 麻希子 coming soon 助教

パーキンソン病

認知症

日本神経学会 専門医
日本認知症学会 専門医

日本内科学会 認定医

東京慈恵会医科大学

(平成15年)
診療医員 浅原 有揮 coming soon 助教   日本内科学会 認定医

東京慈恵会医科大学

(平成25年)