カリキュラム

基礎分野

「専門基礎分野」「専門分野」の基礎になるものととらえ、人間を幅広く理解するための科目(人間と生活・社会の理解・科学的思考の基盤)構成をしています。
幅広い人間理解と科学的思考を高めることが目的です。

履修科目
人間と生活・社会の理解・科学的思考の基盤
  • 人間関係論I(コミュニケーション)
  • 人間関係論II(心理学・カウンセリング)
  • 日本語表現法
  • 化学
  • 生活と化学
  • 情報科学
  • 社会学
  • 教育学
  • 哲学
  • 医療に関する英会話
  • 英文読解
  • 保健体育

専門基礎分野

看護を実践するための基礎となる専門知識を習得し、各領域の看護学に活用できるようにする科目(人体の構造と機能・疾病の成り立ちと回復の促進・健康支援と社会保障制度)構成になっています。

履修科目
人間の構造と機能
  • 人体の発生
  • 消化器・循環器系の構造と機能
  • 呼吸器,腎・泌尿器,内分泌,生殖器系の構造と機能
  • 運動器、感覚器、神経系の構造と機能 
  • 生化学(栄養学を含む)
  • 臨床生理
疾病の成り立ちと回復の促進
  • 病理学
  • 微生物学
  • 消化器・呼吸器系の疾病と治療
  • 循環器,腎・泌尿器,内分泌・代謝の疾病と治療
  • 脳神経,腫瘍・血液,運動器の疾病と治療 
  • 感染症,アレルギー,膠原病,感覚器の疾病と治療
  • 薬物療法の基礎
  • 手術療法,放射線療法,リハビリテーション療法の基礎
  • 薬物療法,栄養療法の実際
健康支援と社会保障制度
  • 医療のあゆみ
  • 公衆衛生の基本と法制度及び保健活動
  • 社会保障制度と社会福祉活動
  • 法の基礎知識
  • 医療と法律

カリキュラム

専門分野Ⅰ

看護学の土台として位置づけ、主に看護の概念や役割、看護実践の基礎となる看護技術、問題解決の方法を学習します。

履修科目
基礎
看護学
  • 基礎看護学概論
  • 看護理論と看護の歴史
  • 看護倫理とコミュニケーション
  • フィジカルアセスメント
  • 日常生活の援助技術
  • 日常生活の援助技術の実際
  • 診療に伴う技術
  • 診療に伴う技術の実際
  • 問題解決思考に基づく看護の展開をするための技術
  • 臨床看護総論
  • 基礎看護学実習I
  • 基礎看護学実習II

カリキュラムカリキュラム

専門分野Ⅱ

「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」で構成され、専門分野から発展して対象の特性を踏まえた看護について学習します。

履修科目
成人
看護学
  • 成人の生活と健康
  • 健康危機状況にある人の看護
  • セルフマネジメントに向けての看護
  • セルフケア再獲得に向けての看護
  • 緩和ケアを必要とする人の看護
  • 看護過程を展開する技術
  • 成人看護学実習A
  • 成人看護学実習B
  • 成人看護学実習C
老年
看護学
  • 老年看護学概論
  • 老いることとその支援
  • 老年者の健やかな生活への看護
  • 老年者の健康障害時の看護
  • 老年看護学実習I
  • 老年看護学実習II
小児
看護学
  • 小児の特徴と成長発達
  • 小児の健康増進のための看護
  • 小児の疾病と病態生理
  • 小児の健康状態に応じた看護
  • 小児看護学実習
母性
看護学
  • 母性看護学概論
  • 生殖・周産期の基礎
  • 周産期・新生児の看護
  • 周産期・新生児の看護技術と看護過程の展開
  • 母性看護学実習
精神
看護学
  • 精神看護学概論
  • 精神看護の基本技術
  • 精神障害の分類とその特徴と治療
  • 精神障害を持つ人の生活と看護
  • 精神看護学実習

カリキュラムカリキュラム

統合分野

「在宅看護論」「看護の統合と実践」で構成され、看護の集大成としてこれまでに学んだ知識と技術を応用して実践する内容を学習します。

履修科目
在宅
看護論
  • 在宅看護概論
  • 在宅療養を支える社会資源とケアシステム
  • 在宅における援助の基本技術
  • 在宅における生活援助技術の実際
  • 在宅看護論実習
看護の
統合
と実践
  • 看護実践マネジメント医療安全
  • 災害時看護と国際協力
  • 臨床看護の実践
  • 看護研究
  • 統合実習

カリキュラムカリキュラム

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について