教育について

人間性豊かな看護師の育成をめざして

教育理念

慈恵大学における看護教育は、明治18年高木兼寛により有志共立東京病院において、ナイチンゲール看護専門学校を模範として看護婦教育所を開設したことに始まります。以来、今日まで100有余年の永きにわたり、人間愛の精神にもとづく、豊かな人材教育を目指してきました。

その看護教育の歴史と伝統を受け継ぎ、慈しみと親切、礼儀を重んじ専門知識と技術を有し、昨今のめまぐるしい社会の変化に対応でき、専門職者としての倫理観、学問的裏づけのある判断で看護を実践する人間性豊かな看護師を育成し社会に貢献することを目指します。

教育目的

看護に関する専門教育を行い、人格の涵養に努め社会に貢献し得る有能な看護師を育成する。

教育目標

  1. 人間の存在を尊重し、人間の理解を深めるための能力を養う。
  2. あらゆる人々の健康状態に対応した看護を実践する基礎的能力を養う。
  3. 保健・医療・福祉を総合的に理解し、看護の主体性を発揮する能力を養う。
  4. 豊かな人間性を養い、社会人として良識ある態度が形成できる。
  5. 専門職業人として看護を探求する姿勢を養う。
  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について