ご挨拶

看護師をめざす皆さまへ

慈恵第三看護専門学校慈恵第三看護専門学校は、学校法人慈恵大学によって1971年に開設されました。慈恵大学の創始者、高木兼寛は、ナイチンゲールが看護教育を行っていた英国のセント・トーマス病院医学校に留学し、看護の重要性をつぶさに見て取りました。そして帰国後、当大学の前身である医学校と病院を開設し、1885年には我が国で初めての看護学校を設立したのです。高木兼寛は「病気を診ずして病人を診よ」という建学の精神に沿って全人的医療を推進すると共に、「医師と看護婦は車の両輪のごとし」と述べて、優れた看護師の養成に力を尽くしたのでした。

本校はこのような伝統を受け継ぎ、質の高い看護知識・技術と人間性を兼ね備え、患者さんの心に寄り添うことのできる看護師の育成に取り組んできました。そのような看護師になるには看護学の知識を幅広く身に着ける必要があることはもちろんです。それと同時に、患者さんのケアを実習する中で、看護の実践力を培うことがなくてはなりません。幸い、本校は東京慈恵会医科大学附属第三病院に隣接しており、実習には恵まれた環境が整っています。同病院の医師をはじめ医療スタッフは、本校専任の教員と共に看護教育に当たっています。

さらに本校は、将来看護師として活躍するために必要な心身の健康と良好なコミュニケーション力を涵養するよう努めています。校舎は第三病院・東京慈恵会医科大学国領キャンパスの広大な敷地内にあり、緑の多い自然豊かな環境にあります。本校生はキャンパス内の体育館やプール、図書館、学生食堂などの施設を利用することができ、慈恵大学の運動部や文化部に所属して活動することも可能です。また熱心で人間味にあふれた専任教員が学生の心身の健康に心を配り、気軽に相談にも応じています。

このような教育環境を大いに活用して、楽しく学びがいのある学生生活を送ってもらえれば何よりの幸いです。皆さんの入学を心からお待ちしております。

慈恵第三看護専門学校
学校長 岡 尚省

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について