教育について

一人ひとりの「豊かな人間性」を探求し、看護の原点から現代医療の未来へ

教育理念

写真

明治18年創設者高木兼寛がナイチンゲール看護婦学校に範を得て「常に人々の幸を願いそのために献身する」という慈恵の精神に基づき、昭和62年に千葉県柏市にできた看護師養成機関です。

教育にあたっては、専門職として必要な知識・技術を身につけ、(1)看護師に必要な人間関係を深めるための教育主眼を置き、(2)品位、礼儀、辞譲、温和な態度で対象である人間を尊重した看護を実践できる看護師を育成します。

経済的なサポート体制が整っており、学習に専念できます。

入学後の奨学金

写真

入学後次の奨学金が受けられます。
※但し、審査のうえ貸与されます。

  • 柏看護専門学校特別奨学金制度
  • 学校法人慈恵大学看護学生奨学資金制度
  • 藤田順子慈恵看護教育奨励基金
  • 日本学生支援機講奨学金制度
  • 千葉県保健師看護師等修学資金制度

感染予防対策

写真

学生の安全を主眼に感染予防の一環として 任意ではあるが無料で種々の感染予防対策を実施している。

  • 小児感染症(麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎)
  • 結核
  • B型肝炎
  • インフルエンザ

看護師国家試験対策

写真

平成26年度第104回/平成27年度第105回看護師国家試験合格率 100%
1年次より国家試験対策を開始し、専任の担当教員が学生一人ひとりをきめ細かくサポートします。

卒業後の取得資格

写真

卒業後は次の資格が取得できます。

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師・助産師学校受験資格

卒業後の就職状況

写真

卒業後は慈恵大学の4ヶ所の附属病院ならびに他医療機関に就職しています。

  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院

他医療機関

その他概要

修業年限
  • 修業年限3年間(全日制)
  • 授業時間講義:原則として9時から16時10分まで
  • 休校日:日曜日、祝日、大学の記念日、季節休暇(春・夏・冬季休暇)
既得単位の認定
  1. 大学、若しくは高等専門学校又は医療関係10職種の学校、養成所に該当する者。
  2. 社会福祉及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)第39条第1号の規定に該当する者。
  3. 上記 1 2に該当する者は、修得した科目について本人の申請により、本校の規定に基づき、審査の上単位を認定することができます。
初年度の必要経費
納付金
  • 入学金100,000円
  • 授業料(年額) 300,000円
  • 実習費(年額) 60,000円

※他に教科書代として140,000円程度
ユニフォーム・実習着代として53,000円、宿泊研修費21,000円、演習用品類36,000円程度必要となります。

沿革

昭和62年 4月慈恵柏看護専門学校開設(3年課程、1学年定員40名)
平成5年 4月1学年定員80名に変更
平成26年 4月男子学生入学開始
1.教育目標

Point1人間の存在を尊敬し、人間の理解を深めるための能力を養う。

Point2あらゆる人々の健康状態に対応した看護を実践する基礎的能力を養う。

Point3保健・医療・福祉を総合的に理解し、看護の主体性を発揮する能力を養う。

Point4豊かな人間性を養い、社会人として良識ある態度が形成できる。

Point5専門職業人として、看護を探求する姿勢を養う。

2.本校の教育目的

学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づき看護に関する専門教育を行い、人格の涵養に努め、社会に貢献しうる有能な看護師を育成することを目的とする。

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について