教育について

一人ひとりの「豊かな人間性」を探求し、看護の原点から現代医療の未来へ

教育理念

写真

  本校は、明治18年 創始者 高木兼寛がナイチンゲール看護婦学校に範を得て、「つねに人びとの幸を願いそのために献身する」という慈恵の精神に基づき、看護教育を開始した、わが国最初の看護師教育機関です。 以後、一貫して社会に貢献できる看護実践者を育成しています。

  教育にあたっては、専門職として必要な知識・技術を身につけ、教育所開設当初より大切にしてきた、品位、礼儀、辞譲、温和な態度で対象である人間を尊重した看護を実践できる看護師を育成します。慈恵の看護教育を受けた看護師は、社会のニーズに応じて医療施設のみならず在宅および保健福祉分野に貢献できる専門職として人々の健康に寄与します。

教育目的

慈恵の精神に則り看護に関する専門教育を行い、人間性の涵養につとめ、社会に貢献できる有能な看護師を育成することを目的とする。

教育目標

写真
  1. 人間の存在を尊重し、人間の理解を深めるための能力を養う
  2. さまざまな人々と人間関係を形成するコミュニケーション能力を養う
  3. あらゆる人々の健康状態に対応した看護を実践する基礎的能力を養う
  4. 保健・医療・福祉を総合的に理解し、多職種と連携・協働できる能力を養う
  5. 豊かな人間性を養い、社会人として良識ある態度を形成できる
  6. 専門職業人として看護を探求する姿勢を養う

本校の沿革と特色

写真

  創設者 高木兼寛は、英国で医学を学び、医師と看護師が協力して治療にあたっていることに感銘を受け、看護婦教育の重要性を実感した。帰国後、高木は英国のナイチンゲール看護婦学校を範として、日本で最初の看護師教育機関である看護婦教育所を開設した。
  看護婦教育所はその後、慈恵看護専門学校 (東京都港区)として歩みを刻み続け、さらに慈恵青戸看護専門学校 (平成22年閉校)、慈恵第三看護専門学校 (東京都調布市)、慈恵柏看護専門学校へと慈恵の看護教育の拡充が図られている。この歴史と伝統は、130余年を経た現在も脈々と流れ、特徴ある慈恵の看護教育として、人間愛の精神に基づいた豊かな人材育成を継承している。

  慈恵柏看護専門学校は、昭和62年(1987年)に千葉県柏市により大学病院誘致の要請を受けた東京慈恵会医科大学附属柏病院の開設とともに開校された。地域医療の中核を担う大学病院と隣接し、建学の精神を共有する恵まれた環境の中で、質の高い学びの場を提供している。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

写真

慈恵の看護専門学校は、入学時には次のような人材を望んでいます。

  1. 慈恵の精神に共感し、看護実践に取り組む意欲がある人
  2. 目標に向かって自ら学び続けることができる人
  3. 他者の意見を聞き、自分の意見を伝えて信頼関係を作ることができる人
  4. 看護を学ぶために必要な基礎学力を持ち学習することができる人
  5. 人に対する関心と思いやりがもてる人
  6. 誠実で良識ある行動ができる人
  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について