ご挨拶

学校長 忽滑谷 和孝

忽滑谷学校長

入学案内

東京慈恵会医科大学の学祖高木兼寛は、大学開設当初から看護の重要性を説いていました。医学に基づいた医療のみでは限界があり、キュアとケアの両面からのアプローチがあって初めて"病人を診る"ことができます。ケアのスペシャリストとしての看護師は、患者を正しく診るための基本的な知識と技量を身につけなければなりません。

隣接する柏病院は、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院などの機能をもつ東葛北部の基幹病院であり、高度医療から緩和ケアまで幅広い医療を提供し、本学卒業の看護師が多く勤務していることから、アットホームな雰囲気の中、看護学校卒業後もシームレスな教育指導体制が整っております。

また、正しく診る側の豊かな人間性の育成も欠かせません。自身の心身の健康を保ちながら、患者さんに寄り添い、傾聴、共感するには、患者さんが経験している状況を実体験するか,しているかのごとくイメージすることが求められます。当校は手賀沼のほとりに立地していることから、緑に囲まれた環境の中で多くの経験を通して、豊かな人間形成ができることでしょう。人の痛みがわかる看護師を目指している学生をお待ちしております。

副校長 蝦名 總子

蝦名副校長

慈恵柏看護専門学校は、慈恵大学の創設者高木兼寛先生によって始められたわが国最初の看護婦教育の「常に人々の幸を願いそのために献身する」という慈恵の精神を受け継ぎ、昭和62年に学校法人慈恵大学が開設した看護師教育機関です。

看護は、どのような健康状態にある人にも、その人たちが持つ力を最大限に生かしてその人らしく生活が営めるように支援する活動です。看護は人の命に寄り添い、人と真に向き合う仕事です。そして他者へのケアを通して自らを成長させることができるすばらしい仕事です。

これから看護職を目指す皆さんには、社会が看護者に寄せる「願い」を踏まえ、常に対象者のQuality Of Life(生活の質・生命の質)に関心を持った専門職として役割を果たすことが期待されています。そのためには知識・技術の習得とともに人々の「健康と生活の問題」を科学的な根拠にもとづいて解決していく能力が求められます。

本校は、歴史と伝統に培われた教育と最先端・高度医療を展開する実習病院(東京慈恵会医科大学附属柏病院)があり、環境に恵まれた質の高い学びの場があります。

柏病院は、患者中心の医療を展開するとともに「救急救命センター」「地域がん診療連携拠点病院」「地域災害拠点病院」など地域医療の中核としてなくてはならない医療機関になっています。このような環境での学びは看護職としてのキャリア形成の第一歩を踏み出すには素晴らしい環境です。本校で学び、社会人として、人の痛みや喜びを分かち合える豊かな人間性と人の思いを感じ取れる感性、そして専門職業人としての高い倫理観をもち活躍できる看護職を目指して欲しいと願っています。真の意味での「やさしい看護師になりたい」と願う方々の入学を心からお待ちしております。

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について