メッセージ

卒業生 卒業生

東京慈恵会医科大学附属
柏病院勤務
千葉県立小金高等学校出身

患者さんの心の支えになれる看護師になりたい

小さい頃は病気がちで、入退院を繰り返していました。病院で看護師さんに優しい言葉を何度もかけてもらい、「私もこんな看護師さんになりたい!」と思うようになりました。
両親に相談した時は、「患者さんの命にかかわる仕事は大変だけど大丈夫?」と聞かれましたが、患者さんの役に立ちたいという思いが強く、看護師になる道を選びました。
この3年間を振り返ってみて、一番印象に残ったことは、実習に行った時、受け持たせていただいた患者さんが、リハビリを積み重ねて、どんどん回復していく過程を私も一緒に経験できたことです。患者さんの表情もだんだん明るくなり、最後に「一緒にいてくれてありがとう」と言ってもらえて、とても嬉しかったです。
これからは"プロ"としてやっていかなければならないのでプレッシャーはありますが、今まで3年間学んできたことを活かしつつ、自分がなりたいと思っている看護師像にむけて、さらに勉強を積み重ねていきたいと思っています。
この学校は、先生はもちろん、先輩も同級生もみんながサポートしてくれます。少しでも不安なことがあったら、学校にいらしてみてください。きっと解決しますよ。

卒業生 卒業生

東京慈恵会医科大学附属
柏病院勤務
千葉県立松戸六実高等学校出身

患者さんの"もてる力"を引き出せる看護師を目指します

「看護師」という職業を初めて意識したのは、小学校4年生。初めて入院した時です。その時の看護師さんは女性だったので、看護師は女性の職業なんだな、と思っていました。でもちょうどその頃、父が看護師に転職し、男性にもできる職業なんだと考えるようになりました。
看護師になりたいと思うようになったのは、高校2年生の2度目の入院の時です。部活動で指を骨折し、2カ月くらいの入院を要しました。初めて手術もしなければならず、不安でいっぱいだった僕を、看護師さんが励ましてくれたり、親身になって話を聞いてくれたりしたおかげで、安心して手術を受けることができました。そして改めて看護師の仕事って素晴らしいと思いました。
3年生になると実習も増え、実際に患者さんと接する機会も多くなり、看護師の仕事は、ただ患者さんのお世話をするだけではなく、その人自身ができることを見極め、そこに力を貸していくことが大事なんだと実感するようになりました。
この学校では、僕たちの代が共学の第一期生でしたが、先生も病棟もすんなりと受け入れてくれたので、何の抵抗もなく学校生活を送ることができました。看護師は男性にもできる職業です。ぜひチャレンジしてみてください!

在学生 在学生

千葉県立柏中央高等学校出身

患者さんに一番近い存在でありたい

身内に慢性疾患の人がいて、小学校の頃からよく病院に付き添って来ていました。その頃は、ただ漠然と「看護師っていう職業があるんだな」ということくらいしか考えていませんでした。自分は初対面の人と関わることが苦手だったのですが、中学、高校の時に職場体験で病院を訪れ、初めて会う患者さんと最初から笑顔で接することができる看護師さんて、すごいと感動しました。ほかの職場も体験して目移りするかと思ったのですが、やはり看護師の仕事がずっと印象に残っていて、自分もその仕事に就きたいと思いました。
学校では2年生になり、実習期間も長くなりました。臨床の場でしか学べないことがたくさんあり、とまどうこともありましたが、すぐ隣りの病院で実習しているので、先生がすぐに来てくれて、いろいろアドバイスを受けることができました。
また病院には、この学校の卒業生がたくさんいます。自分たちの立場をよく理解してくれるので、この学校を選んで本当によかったと思っています。
実習を通じて看護師の仕事は患者さんに一番近い存在だと改めて感じました。自分も先輩の看護師さんの良い面をたくさん吸収して、患者さんにより近づけるよう頑張っていきたいです。

在学生 在学生

埼玉県立春日部東高等学校出身

患者さんの家族にも安心してもらえるような看護師になりたい

中学、高校の時、吹奏楽部に所属していて、病院などにもよく慰問に出かけていました。
演奏すると、皆さんが「ありがとう」「とてもよかったよ」と喜んでくれる姿をみて、人と接する仕事をしたいと思いました。
この学校を選んだのは、夏休みにオープンキャンパスに来た時、学校の明るい雰囲気や先輩たちの笑顔が素敵だったからです。また、大学病院が隣接しているので、実習環境が整っていて、患者さんをより身近に感じられると思いました。
実際に入学してみて、先生方の手厚いご指導のもと、仲間と協力しながら楽しく学習できていると感じています。実習前にはクラス全員で血圧を測りあったりして練習しました。
患者さんにとって大切なのは"安心"だと思います。こちらが不安がっているとそれが患者さんにも伝わり、治療にも影響してきます。これから実習で様々な患者さんと関わっていきますが、確かな技術と知識をもって、たとえ実習生でも安心して接してもらえるように頑張りたいです。
そして、患者さんだけでなく、患者さんの家族の気持ちも大切にできる、そんな看護師になりたいです。

在学生 在学生

千葉県立松戸国際高等学校出身

先生、先輩、仲間が近い存在。何でも相談できます

私の母は、以前看護師でした。当時の話を小さい頃から聞いていて、人に必要とされる看護師という職業に就いてみたいと思うようになりました。
この学校に決めた理由は、オープンキャンパスに参加した時、先輩たちがとても優しく、笑顔で接してくれたことと、「病気を診ずして病人を診よ」という慈恵の精神に、私の理想の看護師の姿が見えたからです。
実際入学してからも、仲間はもちろん、先生や先輩に何でも相談しやすく、とても近い存在に感じています。ここは専門学校なので、3年間でさまざまなことを習得していかなければなりません。毎日の授業に加え、予習や課題など忙しい毎日ですが、仲間みんなが"看護師になる"という共通の目標があるので、悩みを打ち明けたり、一緒に演習の練習をしたりして、想像していた以上に充実した学校生活を送れています。
これからももっともっと知識や技術を身につけ、患者さんの病状だけでなく、表情も見て、不安や悩みを受け止めることができる看護師になりたいと思っています。

私達と一緒に看護を学びましょう!!

写真

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について