メッセージ

卒業生 卒業生

東京慈恵会医科大学
葛飾医療センター勤務
千葉県立流山おおたかの森
高等学校出身

くじけそうになった時、先生や仲間が支えてくれました

「面倒見がいいね」と言われることが多く、実際、中学生の頃から直接人と関わり合う仕事がしたいと考えていました。職場体験で看護師さんの仕事を目の当たりにしたとき、感動とともに看護師への憧れの気持ちが湧いてきました。それが看護師を目指すきっかけです。
オープンキャンパスには何校か行きましたが、慈恵柏看護専門学校は一番雰囲気が良かった。先輩方も生き生きとしていて、「私もこんなところで勉強したいな」と思いました。
この学校に入って、「自分ひとり」と感じたことはありません。どんな時も同じ目標に向かって努力している仲間と支え合ってきたからです。だから苦手な勉強も頑張ることができたんだと思います。学校が休みの日に、みんなで学校に来て実技演習の練習をしたこともあります。先生のきめ細やかな指導は、他校の友達がうらやましがるほどです。先生、友人、先輩…、この学校でのいい出会いは私の財産です。
3年生になると実習も増えます。自分の知識のなさや技術の未熟さを痛感し、落ち込んだこともありましたが、自分の関わりが患者さんの苦痛の軽減や回復の促進につながるということが実感でき、「やりがい」を感じることができました。患者さんから「あなたがいてくれて良かった」と言われたことは、生涯忘れないと思えるほど嬉しかった。
患者さんの立場に立って安心を与えられる看護師を目指し、これからも頑張ります。

卒業生 卒業生

東京慈恵会医科大学
葛飾医療センター勤務
千葉県立柏中央高等学校出身

患者さんに一番近い存在でありたい

身内に慢性疾患をもつ人がいて、小学校の頃からよく病院に付き添って来ていました。その頃は、ただ漠然と「看護師っていう職業があるんだな」ということくらいしか考えていませんでした。自分は初対面の人と関わることが苦手だったのですが、中学、高校の時に職場体験で病院を訪れ、看護師さんが初めて会う患者さんと最初から笑顔で接しているのを見て、「すごい!」と感動しました。ほかの職場も体験して「気持ちが変わるかな?」とも思ったのですが、看護師の仕事がずっと心に残っていて、自分も看護師になりたいと強く思うようになりました。
実習を経験すればするほど自分の未熟さを痛感し、戸惑うこともありました。でも、すぐ隣りの病院で実習しているので、先生がすぐに来てくれて、いろいろアドバイスを受けることができました。
また病院には、この学校の卒業生がたくさんいます。自分たちの立場をよく理解してくれるので、この学校を選んで本当によかったと思っています。
実習を通じて看護師の仕事は患者さんに一番近い存在だと改めて感じました。自分も先輩の看護師さんの良い面をたくさん吸収して、患者さんにより近づけるよう頑張っていきたいです。

在学生 在学生

千葉県立松戸国際高等学校出身

先生、先輩、仲間が近い存在 何でも相談できます

私の母は、以前看護師として働いていました。当時の話を小さい頃から聞いていて、人に必要とされる看護師という職業に就いてみたいと思うようになりました。
この学校に決めたのは、オープンキャンパスに参加した時、先輩たちがとても優しく、笑顔で接してくれたからです。きっと先輩たちは「充実した学生生活を送っているんだろうな」と感じました。また、「病気を診ずして病人を診よ」という慈恵の精神に、私の理想の看護師の姿が見えたことも理由のひとつです。
実際入学してからも、仲間はもちろん先生や先輩は、何でも相談できるとても近い存在に感じています。ここは専門学校なので、3年間でさまざまなことを習得していかなければなりません。毎日の授業に加え、予習や課題など忙しい毎日ですが、仲間みんなが"看護師になる"という共通の目標に向かって頑張っているので、悩みを打ち明けたり、一緒に演習の練習をしたりと、想像していた以上に充実した学校生活を送れています。いい仲間に巡り合えて良かったと思っています。
これからももっともっと知識や技術を身につけ、患者さんの病状だけでなく、表情も見て、不安や悩みを受け止めることができる看護師になりたいと思っています。

在学生 在学生

埼玉県立春日部東高等学校出身

患者さんの家族にも安心してもらえるような看護師になりたい

中学、高校の時、吹奏楽部に所属していて、病院などにもよく慰問に出かけていました。私たちの演奏に、みなさんが「ありがとう」「とてもよかったよ」と喜んでくれる姿を見て、人と接する仕事をしたいと思いました。
この学校を選んだのは、夏休みにオープンキャンパスに参加した時、学校の明るい雰囲気がとてもいいなと思ったからです。先輩たちのユニフォーム姿や笑顔も素敵でした。また、大学病院が隣接しているので、実習環境が整っていると思いました。
実際に入学してみて、先生方の手厚い指導のもと、仲間と協力しながら楽しく学習できていると感じています。授業は、隣の病院で働いている看護師の方が教えてくださることもあります。リアルな現場の話が直接聞ける、貴重な機会だと思います。
臨地実習は教科書通りにはいかないことばかりで戸惑いましたが、先生や看護師さんから指導を受けながら、患者さんと向き合っていくことができました。実習を通して、自分の目標となる慈恵の看護師さんに多く出会うことができました。また、患者さんにとって "安心"がどれほど大事かも学びました。
患者さんだけでなく、患者さんの家族の気持ちも大切にできる、そんな看護師になりたいと思っています。

在学生 在学生

東京都私立錦城学園高等学校出身

人の命にかかわる仕事がしたい いつの頃からかそう思っていました

中学の時に「国境なき医師団」の存在を知って、初めて看護師という職業を意識しました。その活動に感動して、いつか僕も国境なき医師団に参加したいと思いました。もともと、人の命にかかわる仕事がしたいと思っていたので、高校2年生の時に「看護師になろう」と決めました。
この学校のオープンキャンパスに参加した時のことは、とても強く印象に残っています。初めて出会った男性看護師の先輩が「この学校に入学して困ったことがあった時には、隣の病院で働いているからいつでも相談にのるよ」と言ってくれたのです。その時「ここは、人間的な面もしっかり教育してくれる学校なんだ」と感激しました。
実際入学すると、男子は学年で3人だけ。入学当初は女子とうまくコミュニケーションがとれるか不安だったのですが、いつしか自然と打ち解けて仲良くなっていました。少人数制なのでアットホームな雰囲気があるんだと思います。
でも、のんびりしているという訳ではありません。1年の最初の頃は課題やテストが多く、徹夜で勉強したこともありました。けれどそれを乗り越えれば自信となります。
看護師になると決めたとき、両親も応援してくれました。看護師になったら、もちろんいつかは「国境なき医師団」に参加してみたいです。

在学生 在学生

千葉県立松戸六実高等学校出身

出身高校に似た この学校の校風がとても好きです

子どもの頃から親と一緒に病院を訪れる機会が多く、病院という空間がとても好きだったんです。そのうち病院などで働く医療従事者に、漠然と興味をもつようになりました。医療従事者にもいろいろあると知って調べるうちに、患者さんに一番近い存在だと感じた看護師を目指すことに決めました。
実はこの学校ともう1校の間で、どちらに入学するか迷っていて…。高校の先生に相談すると、「伝統があり、礼儀正しい」慈恵柏看護専門学校をすすめられました。実際入学してみて感じたのは、この学校の校風が母校の雰囲気に似ていてとても居心地がいいということ。高校の先輩もたくさん入学しているので、安心感もあります。仲間や先輩たちは優しいし、先生方も素晴らしい。この学校を選んで間違ってなかったと思っています。
入学後は、課題も多いし、やることがいっぱいで忙しい。だけど友達と遊ぶ暇がないわけじゃないので、目いっぱい勉強して目いっぱい友だちと遊ぶというメリハリのある毎日が送れているように思います。
初めての実習は緊張の連続でした。でも終わったら「あー楽しかった」と思っている自分がいて驚きました。口で言うのは簡単かもしれませんが、将来は患者さんの心に寄り添えるような看護師になりたいと、心から思っています。

私達と一緒に看護を学びましょう!!

写真

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について