2020年度 学校運営評価結果

1.目的

教職員による学校運営評価を実施し、その評価結果からさらに充実した学校運営を図る

2.評価方法

「学校運営評価尺度」を用い、全教職員を対象に各自が自己評価したものを集計した。評価項目はⅠ~Ⅷカテゴリー169項目である。評価尺度は良い(5点)やや良い(4点)普通(3点)やや不十分(2点)不十分(1点)の5段階である。

3.評価結果

評価項目 Ⅰ.学校経営 Ⅱ.教育課程・活動 Ⅲ.入学・卒業対策 Ⅳ.学生生活への支援 Ⅴ.管理運営・財政 Ⅵ.施設設備 Ⅶ.教職員育成 Ⅷ.広報・地域
2020年度 3.8 3.8 4.0 4.3 3.8 3.7 3.4 3.2
評価項目2019年度
Ⅰ.学校経営3.9
Ⅱ.教育課程・活動4.0
Ⅲ.入学・卒業対策4.2
Ⅳ.学生生活への支援4.4
Ⅴ.管理運営・財政4.0
Ⅵ.施設設備4.0
Ⅶ.教職員育成3.6
Ⅷ.広報・地域3.2

評価結果グラフ

4.最終評価より抽出された課題


学校運営評価自己評価、学校関係者評価を受け、最終評価としての今後の課題は以下の通りである。

1)学生の安全を守り、新型コロナウィルス感染症の影響を最小限にし、カリキュラムが順当に実施できるように取り組む。
2)実習施設の環境を整えるよう努力していく。また校舎の老朽化による設備の整備に努める。
3)教員と臨地実習指導者が参加できる研修会を企画し、実習指導体制を整える。
4)本校ができる地域への貢献、奉仕活動の参加に努める。
  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について