■ 附属病院TOPページ

事務部

photo
 事務部長:横山 秀彦

病院事務部は、附属病院の管理業務を担当する管理課、医事関連業務を担当する業務課で組織されています。 また、病院の直轄組織として、医療安全管理部、診療情報室、治験センター、医療保険指導室があり、関連部門として患者支援・医療連携センター、ボランティア事務局が設置されています。
各診療科および関係部署と連携をとりながら、患者さんへの対応や、診療のサポート、行政機関への届出や調整、診療報酬請求、診療情報の管理など、病院の多種多様な業務を担当しています。
附属病院の各部門が効率的に機能し、「患者さんへのサービス向上」をより充実させるとともに、安全で質の高い医療を提供できるよう事務部門としての役割を担っています。

組 織

組織図
  1. 医療安全管理部
    医療安全推進室と感染対策室から組織され、医師・看護師・薬剤師・専任の事務員が配置されています。病院における安全管理体制の確立と医療事故防止ならびに感染対策を徹底するために、情報収集・分析、改善策の立案、教職員への研修等を行っています。
  2. 診療情報室
    診療録をはじめとする各種診療記録の管理、ならびにがん登録や医療の質の向上に欠かせない統計資料の作成などを行っています。
  3. 治験センター
    臨床研究コーディネーターおよび治験センター事務局により、治験・臨床試験の円滑な運営を行っています。
  4. 医療保険指導室
    適正な保険診療及び診療報酬請求業務の遂行、それと関連した教育・指導を行っています。
  5. 患者支援・医療連携センター
    医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・事務員で構成されており、医療連携業務はもとより患者さんの受診サポート、退院・転院、在宅医療などの支援業務を一体化し行っています。
  6. 管理課
    院内各部署や診療科と連携し、各種調査・統計資料の管理、行政機関への届出をはじめとする病院の管理・運営全般にわたる事務業務を行っています。
  7. 業務課
    外来患者さんの受診手続き、入退院手続き、ベッドコントロール(病床管理)、病棟事務業務、診療報酬請求に関する業務を行っています。
    また、患者さんなど来院される方のサービス向上をはかるため、関連部署と連携をはかっています。
  8. ボランティア事務局
    ボランティアコーディネータを中心に、ボランティアの受け入れ、および院内におけるボランティア活動推進業務を行っています。