■ 附属病院TOPページ

院内感染対策の充実に向けて

院内感染対策の充実に向けて

1)感染対策室
2009年に医療安全管理部に感染対策室を設置し、特設診療科である感染制御科と連携して、病院の感染対策を行っています。感染対策室は室長(インフェクションコントロールドクター)、感染管理認定看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務員からなり、病院における主な役割は以下の通りです。
院内感染に関するデータ収集、分析、フィードバック。(微生物サーベイランス・医療処置関連サーベイランスなど)
(1)院内感染防止対策の実施、監視及び指導。
(2)各部署における感染対策の策定および実践推進のための支援。
(3)感染症発生時の対応(感染拡大防止策の実施・接触者対応・関係部門への連絡、調整など)
(4)感染対策ガイドラインの改訂、その他感染対策に関るマニュアルの作成、運用。
(5)教職員の職業感染防止策の策定および発生時の対応(血液媒介病原体、感染性ウィルス疾患、結核など)
(6)感染対策上必要な指導、教育、広報の実施および感染対策に関わる相談への対応。
(7)その他院内感染防止に関すること。

2)現場主体的感染対策の実践(病棟ICT)
2013年からは各病棟に病棟ICTという感染対策のコアチームを設置し、年間活動目標を設定して、感染対策の持続的改善活動を実践しています。この病棟ICTは病棟医師、師長、リンクナース、薬剤師からなる職種横断的チームであり、アウトブレイクなどの発生した際の緊急対応チームとしても機能します。感染対策室は病棟ICTメンバーと定期的にミーティングを実施し、病棟毎のリスクアセスメントと改善策について討議するほか、必要に応じて病棟での教育プログラムの実施などの介入を行っています。


病棟ICTミーティング

ロールプレイ勉強会

3)TeamSTEPPSの感染対策への活用
2013年から感染対策にTeamSTEPPSというチームワークの教育システムを導入しました。感染対策は多職種で行うものでありその相互連携が向上につながるという考えから、クロスモニタリング、気づきの発信(スピークアップ)、ブリーフィングなどのTeamSTEPPSのツールを積極的に実践し、現場での感染対策の向上に生かしています。

4)基本的感染対策の徹底と耐性菌対策
近年国内外で薬剤耐性菌の増加が問題になっており、当院においても検出状況を細菌検査室と密に連携して監視をしております。病棟での薬剤耐性菌検出時には必要に応じて遺伝子検査を行うとともに、感染対策室看護が現場に急行して対策を指導しています。耐性菌の持ち込みは完全には防ぐことは難しいですが、それが安易に広がらないような基本的感染対策の強化が重要と考えています。

(1)手指衛生など標準予防策
手指衛生は最も重要であり、擦式アルコール性手指消毒剤の消費量の測定や直接観察法による手指衛生の遵守率調査を行っています。また手指衛生以外にも適切な場面でマスクやガウンなどを装着して診療ができるように病床環境の整備を行ってきました。

(2)抗菌薬適正使用
感染対策室の医師と薬剤師が毎日病棟ラウンドを実施して、使用状況をチェックしています。またAntibiotic Timeoutと称して4日以上投与される注射抗菌薬について薬剤師が全例チェックを実施しています。

(3)環境整備
清掃担当者と連携して病棟ラウンドを実施し環境面についてチェックしております。近年欧米で導入されている紫外線照射器を導入し環境除菌を実施しています。


紫外線照射器

5)他病院との連携
当院では感染対策の取組を他の附属病院とも共有して慈恵全体の感染対策の向上に努めています。また地域の連携病院と年4回の感染対策に関するカンファレンスを開催しています。さらに、我が国全体の感染対策に貢献するべく私立医科大学病院感染対策協議会の事務局を2010年の発足以来担当しております。


私立医科大学病院感染対策協議会総会