■ 附属病院TOPページ

脊椎・脊髄センター

診療内容・専門分野

詳細は整形外科学講座「脊椎班」脳神経外科学講座「脊椎・脊髄疾患」をご覧下さい。

脊椎、脊髄に関する全ての疾患に対応

特色

 高齢化社会に伴い、健康寿命に対する認識が高まっています。脊椎・脊髄の疾患では疼痛やシビレといった精神的な苦痛のみならず、上肢・下肢の運動機能が障害されるため、生活の質が著しく低下します。脊椎・脊髄は非常にデリケートな組織であり、その治療には専門的な技量が要求されます。わが国には既に多くの脊椎センターがありますが、脊椎・脊髄を扱う整形外科医と脳神経外科医が協力して治療にあたっている大学病院は未だ少ないのが現状です。私達の脊椎・脊髄センターでは、脊椎・脊髄疾患、外傷に対して整形外科医と脳神経外科医がチームを組み、詳細な症例検討を行い、診断と治療の妥当性について検証しております。また、お互いに技術協力しスキルアップに勤めるとともに、ハイブリッド手術室など最新のイメージング技術や医療器械を用いて、より安全で、低侵襲な手術を行うよう心がけております。
 また、脊髄空洞症の治療経験は日本でもトップクラスであり、全国から多くの患者さんが来院されております。側弯症では通常の思春期特発性側弯症の患者さんに加え、空洞症にともなった側弯症、レックリングハウゼン病に伴う側弯症の患者などさまざまな患者さんに対応しております。側弯症外来は学生さんの利便性を考慮し、土曜日に行っております。 (詳しいことは整形外科学講座「脊椎班」脳神経外科学講座「脊椎・脊髄疾患」をご覧いただくか、脊椎・脊髄センター外来へ直接お問い合わせください。)

その他

脊椎・脊髄センターの外来担当医表についてはこちら