■ 柏病院TOPページ

薬剤部


photo

薬剤部課長:勝俣 はるみ

慈恵医大柏病院薬剤部では、病院の基本方針に基づき、チーム医療の一員として、専門知識と倫理観をもって業務を行っています。業務は多岐にわたっていますが、患者さんの安全を第一に考え、薬の適正使用と薬物療法の質向上に努めています。
また、感染対策、緩和ケア、栄養サポート、褥瘡対策などの多職種からなる専門チームに積極的に参画して薬剤面からの提案を行っています。
なお、当院は、院外処方せんを発行し、積極的に医薬分業を推進しています。外来のお薬は、「かかりつけ薬局」のご利用をお勧めいたします。


1.薬剤部理念


病院の基本理念である「病気を診ずして病人を診よ」の教えに基づいて患者本位の安全かつ良質な薬物療法を提供します。


2.基本方針


1. 医薬品の適正使用を推進し、医薬品安全管理体制の充実を図ります。
2. 他職種との連携を密にし、チーム医療に貢献します。
3. 自己研鑚に励み、自らの技能向上に努め、より質の高い薬剤師を目指します。


3. 調剤室(内服薬・外用薬)


処方監査


外来及び病棟のコンピューターと薬剤部内のシステムがネットワークで繋がっています。複数の診療科から薬が重複して処方されていないか、飲み合わせの悪い薬はないかなど、処方せんの内容をシステム上でチェックするとともに、複数の薬剤師の目でも確認しています。


内服薬・外用薬の調剤


処方せんに基づき、正確かつ迅速に調剤を行っています。 散剤・水剤の調剤では、調剤支援システムを利用して、調剤過誤(調剤間違い)の防止と効率化に努めています。
更に調剤した薬は、別の2名の薬剤師によりダブル監査(処方せんと正しい薬品が調剤されているかの確認)を行っています。安心して薬を服用していただけるように安全管理にも努めています。
窓口では薬剤師が薬をお渡ししてします。薬についての質問もこちらで承っています。


4. 注射調剤室


処方監査


外来及び病棟のコンピューターがネットワークで繋がっています。そのため、一緒に用いることのできない薬(併用禁忌薬品)は処方出来ないように制御がかかります。また、注射薬は複数の薬を混合することで濁ったり、効果が低下したりする恐れがあるため、複数の薬剤師の目でも処方内容の確認を行っています。


注射薬の調剤


処方せんに基づき、1日分ずつ患者さんごとに注射薬を取り揃えています。アンプル製剤・バイアル製剤・抗生剤キット製品などの注射薬は、注射薬自動払い出し機(ピッキングマシーン)を利用して効率的で安全な調剤を行っています。


5. 病棟業務(薬剤管理指導業務)


薬歴(薬品使用記録)管理


患者さんごとに患者情報記録を作成しています。入院時に患者さんと直接面談して持参薬、服薬状況、アレルギー歴などの情報を確認して記録しています。手術前に中止しなければいけない薬の確認や入院中に処方された薬との飲み合わせなどの確認に利用しています。
当院に入院する際には、服用又は使用されている薬を忘れずに持参してください。


服薬指導


入院患者さんのベッドサイドで入院中に新たに処方された薬の効果・副作用・服用方法を説明しています。定期的に面談して服用状況の確認を行いながら、副作用等の早期発見にも努めています。
退院される時にはご自宅でも入院中と同様にお薬を正しく服用していただけるように、「お薬の説明書」をお渡ししています。


医療スタッフとの連携


安全かつ適正な薬物治療を行うために、患者さんより得た情報は直ぐに医師、看護師、その他の医療スタッフへフィードバックし、情報の共有と連携を図っています。


薬品管理


安全かつ適正な医薬品を提供するために、毎月一回各病棟・外来の薬品棚の在庫量や使用期限、品質などを確認し、薬品管理を徹底しています。


6. 注射薬無菌調製室


食事をとれない患者さんへの栄養補給を目的とした輸液(高カロリー輸液)や特に注意の必要な抗がん剤の調製を行っています。
処方せんに基づき、薬品の配合や投与量などが適切であるかを確認し、患者さんへ安全かつ適正な注射薬を提供しています。また、注射剤の無菌性を確保するとともに薬剤による病棟などの環境汚染にも注意を払っています。


7. 製剤


製剤(院内製剤)とは、患者さんの病態やニーズに対応するために、薬剤師が院内で独自に調製している薬品です。治療上必要な薬であるが、市販されていない薬のため品質、有効性、安全性を確保するために薬学の専門的な知識が必要です。


8. 医薬品の管理と供給


病院内で使用する医薬品の購入と保管、各部署への供給を行っています。倉庫内薬品の使用期限のチェックや、規定された貯法に準じた保管であるかを定期的に確認しています。各部署の在庫薬品については担当薬剤師が看護師と連携をとり、使用量に合わせた適正な在庫量を設定することで余剰在庫の軽減に努めています。保管管理についても担当薬剤師による定期的なチェックを行い、適正管理について指導を行っています。


9. 医薬品情報(DI)管理


医薬品の使用に際してより高い安全性と有効性を確保するために、厚生労働省や製薬会社より提供された情報を収集、評価し、迅速に院内に情報提供しています。また、医師や看護師、患者さんからの医薬品に関する問い合わせにも対応しています。


10. 治験薬管理


新しい薬を開発するためには安全性と有効性についての資料を集め、国(厚生労働省)に医薬品として認めてもらう必要があります。そのために行われる試験を「治験(ちけん)」といいます。適正に治験が行われるように治験薬の払い出し・保管・管理を行っています。


11. 専門薬剤師(チーム医療への参加)


ICT(Infection Control Teem):感染対策チーム


医師・看護師・薬剤師・検査技師などから構成されるICTの一員として活動しています。科学的根拠に基づいた感染症予防・治療・まん延防止策を講じるために、各職種が専門分野を生かして協力し合い様々な事項の提案、実践、評価を行っています。薬剤師は、抗生剤の使用目的を把握し、種類、投与量、投与期間などが適正か、アドバイスをしています。


緩和ケア対策チーム


がんなどの悪性腫瘍が進行した時期だけでなく、がんの診断や治療と並行して患者さんの肉体的、精神的苦痛の緩和を目的として活動しています。薬剤師は毎週行われるラウンドに参加し、薬剤の適正使用や副作用の発現などを確認しています。また、専門的な見地から患者さんにとって最適な薬の選択や使用量の提案を行っています。


NST(Nutrition Support Team):栄養サポートチーム


医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、作業療法士などの各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援するチームのことです。薬剤師は、医師からNSTへの栄養計画の依頼があった患者に対し、各専門スタッフと回診を行い、主治医へ治療方針のアドバイスを行います。また、定期的に勉強会を行い、知識向上を図っています。


褥瘡対策チーム


チームで回診を行い今後の治療方針を決定しています。薬剤師は、患者さんに投与している創傷治療外用薬、栄養管理における輸液など、適正使用についてのアドバイスをしています。使用する外用剤、輸液、経腸栄養剤に関する詳しい知識が要求され、薬剤師としてその専門性を発揮することが求められています。


12. お薬について


お薬のミニ情報


薬の正しい飲み方

皆さん、薬の正しい飲み方をご存知ですか。薬の効果を十分に発揮させるためには正しく飲むことがとても大切です。今回は、薬の正しい飲み方を簡単にお話したいと思います。
まず、薬を飲む時間についてです。食後(食前)指示の薬は、食事の後(前)30分に服用しましょう。食間指示の薬は、食事と食事の間、つまり食後2時間位に服用します。食直後(食直前)指示の薬は、食事の後(前)すぐに服用します。頓服(とんぷく)は、状態に応じて必要時に服用します。一日の最大回数、間隔は医師に相談しましょう。
次に、飲み忘れた時の対応についてです。これは薬により異なり、思い出した時すぐに服用して良い薬や、次の時間まで服用しない方が良い薬などがあります。ご自分の薬についてあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
最後に飲み方についてです。薬は水かぬるま湯で飲むのが原則です。他のものでは吸収に影響が出てしまうことがあります。また胃を荒らさないためにもコップ一杯程度の量で飲むようにしましょう。


お薬のシートの誤飲に注意しましょう

 

最近、包装シートのまま誤って薬を飲み込んでしまう事例(シート誤飲)の報告が増えています。誤って包装シートごと飲み込んでしまうとのどや食道などを傷つける恐れがあります。薬は包装シートより取り出して服用しましょう。また、誤って包装シートごと飲まないように、可能な限り1錠ずつには切り離さずに保管し、服用時にPTP包装から必要錠数を押し出して服用するようにしましょう。


抗がん剤について


抗がん剤は無秩序に増殖するがん細胞を抑える効果を持つ薬です。がんの治療は1種類の抗がん剤だけで行う場合もありますが、がん細胞へ作用する働きが異なる複数の抗がん剤を組み合わせて治療を行うこともあります。抗がん剤は体内に投与された後、血液の流れに乗って全身をめぐり、がんの部位にかかわらず効果を発揮します。従ってがん細胞に効果を発揮する一方で正常な細胞にもダメージを与えてしまうため、有害な作用(副作用)が現れることがあります。
抗がん剤の有害な作用(副作用)の1つとして嘔気(はき気)があります。抗がん剤の種類によって嘔気が出現する頻度は異なりますが、抗がん剤の投与前に制吐剤(はき気止め)を投与することで、抗がん剤投与の際の嘔気を抑え、リラックスして治療を受けることができます。


入院時の持参薬について


薬剤師は、入院時にベッドサイドで持参薬の有無を確認しています。持参薬のある患者さんについてお薬の効果・副作用・服用方法・服用状況などの確認も行っています。
当院に入院する際、患者さんが服用または使用されている薬がある場合は忘れずに持参してください。


手術(検査)と薬

 

当院では、手術(検査)前に、患者さんが服用しているお薬を確認しています。必ず「おくすり手帳」や「くすりの説明書」を持参してください。

1.血を固まりにくくする薬や血栓を溶かす薬(抗凝固薬・抗血小板作用薬)の手術前休薬
心疾患や脳血管障害、慢性の動脈閉塞症などで治療中の患者さんには血栓ができるのを防止するために、血が固まりにくくする薬や血栓を溶かす薬が処方されます。
このような薬を服用されている患者さんが、手術や出血を伴う検査を受ける場合には、これらの薬の服用を前もって中止する必要があります。

2.月経困難症の治療や避妊目的に使用する薬の手術前休薬

ピルや卵胞黄体ホルモン配合剤を服用されている患者さんは、手術後に血液が固まりやすくなり血栓症を起こす危険性が高まることがありますので、手術の前から中止する必要があります。

3.糖尿病治療薬

血糖値を下げる薬の中には、手術や検査の前後(検査日をはさんだ前後2日間)に服用を中止する必要のある薬があります。

 

手術前に中止する代表的な薬剤(慈恵医大柏病院採用薬剤)

 

  一覧表の薬剤は当院で採用している薬の一部です。また、上記と同じ成分の薬であっても、名称や剤形が異なる(ジェネリック医薬品)こともあります。

 

4.注意点

一覧表の薬剤とは別の効果の薬にも手術前に中止することが望ましいものもあります。

また、手術前に服用を中止する期間は薬によって異なりますので、手術や検査を受ける方は服用中の薬剤(一般薬も含む)のことを、必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。

治験薬とは?


治験薬(ちけんやく)は、よりよい医療を提供するために新しい治療法を研究する中で開発された「くすりの候補」です。
この治験薬は、国(厚生労働省)が審査をし、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると認められると、患者さんが服用する「くすり」になります。「くすりの候補」から「くすり」となるには、効果や安全性などについて調べる試験(臨床試験)が行なわれます。最終段階では、健康な方や患者さんに参加していただいて、国(厚生労働省)に認められるために試験が行われ,その試験を治験と呼びます。治験で使われる「くすりの候補」を「治験薬」といいます。
現在服用されているくすりは、長い年月をかけ、治験の積み重ねによって生み出されてきたものばかりです。
慈恵医大柏病院の治験について、詳しくは「治験センターのホームページ」をご覧ください。


院内処方の薬のお渡し時間と保管期間について


お薬のお渡し窓口は慈恵医大柏病院1階の薬剤部窓口になります。窓口前の番号表示画面に出来上がった薬の番号を表示して患者さんにご案内しています。患者さんはお会計終了後にお薬引換券をお受け取りください。引換券番号が番号表示画面に表示されたら窓口で薬をお渡ししています。また、手書き処方箋をお持ちの患者さんの対応もしています。コンピュータオーダ処方ではないため、薬が出来上がったら窓口にてお名前をお呼び出ししています。
1階の薬剤部窓口が閉まっている時間帯には、夜間窓口にて当直者が対応しています。お渡し場所の時間帯およびお渡し場所は以下のとおりとなっています。


お薬お渡しの時間帯 月曜日〜土曜日の午前8:30〜午後6:30 左記以外の時間帯・日曜日・祝日
お渡し場所 1階の薬剤部窓口 1階の薬剤部夜間窓口

お薬の保管期間については、5日間(水剤は3日間)となっております。


13. 院外処方せんについて


院外処方について


  • 医薬分業とは
    医薬分業とは、患者さんが診察を受けた後、医師から発行された処方せんを持って患者さんが街の保険薬局へ行き、薬の専門家である薬剤師から薬の説明を受け、薬を受け取るというものです。なお、病院の薬剤部窓口隣りにFAXコーナーを設け、保険薬局へ処方せんを送信するお手伝いをしています。
  • 院外処方のメリット
    薬局を自由に選ぶことが出来ます。「かかりつけの薬局」を決めておかれると便利です。かかりつけ薬局では患者さん個人の「薬歴管理」を作成してもらうことが出来ます。薬歴管理により、複数の医療機関から処方された薬の相互作用や同じ作用の薬の重複投与を防ぐことができます。 薬の服用にあたり、正しい服用方法や留意点など詳しい説明を受けることができます。保険薬局の薬剤師に薬についてご相談してください。
  • 院外処方せんの有効期間
    処方せんの有効期間は処方発行日を含めて4日間です。処方せんを紛失または有効期間を過ぎると薬をお渡しできませんのでご注意ください。

▲このページのTOPへ