■ 柏病院TOPページ

消化管外科


平成29年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

下部消化管外科


スタッフ


河原 秀次郎、毛利 貴、石田 航太、松本 倫


 

photo
河原 秀次郎
職位 外科医長 准教授 Hidejiro KAWAHARA
専門 消化器外科 下部消化管外科 内視鏡外科
出身 慈恵医大 昭和63年卒 長野
資格 日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本内視鏡外科学会消化器一般外科技術認定、日本大腸肛門病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化管学会指導医・認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本感染症学会ICD、日本外科代謝栄養学会NST、日本外科感染症学会教育医
学会 日本消化器外科学会評議員、日本臨床外科学会評議員、日本大腸肛門病学会評議員、日本内視鏡外科学会評議員、日本消化器内視鏡学会評議員、日本消化管学会評議員、日本消化器病学会評議員、日本外科感染症学会評議員、小切開・鏡視下外科学会評議員、日本腹部救急医学会評議員、日本外科系連合学会評議員、日本外科代謝栄養学会評議員

毛利 貴
職位 外科医員 助教 Mouri TAKASHI
専門 消化器外科 下部消化管外科
出身 慈恵医大 平成11年卒 福岡
資格 日本外科学会専門医 、日本消化器外科学会指導医・専門医、 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医
学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、 日本大腸肛門病学会、日本消化器内視鏡学会、 日本消化器病学会、日本消化器内視鏡外科学会

石田 航太
職位 外科医員 助教 Kota ISHIDA
専門 消化器外科 下部消化管外科
出身 慈恵医大 平成20年卒 茨城
資格 日本外科学会 専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィー読影 認定医、日本病院協会 臨床研修指導医、 日本プライマリ・ケア連合学会 認定医、人間ドック健診 認定医、 日本外科感染症学会 Infection Control Doctor
学会 日本外科学会、日本消化器病学会、日本消化器外科学会、 日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本大腸肛門病学会、日本外科感染症学会、日本腹部救急医学会、日本臨床 外科学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本人間ドック学会

松本 倫
職位 外科医員 助教 Tomo MATSUMOTO
専門 消化器外科 下部消化管外科
出身 大阪医科大学 平成20年卒 大阪
資格 日本外科学会専門医
学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、 日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会

診療


  • 慈恵医大柏病院の消化器外科では消化器内科、腫瘍内科、放射線部、内視鏡部および病理部と連携し、総合的診療体制で臨んでいます。
  • 下部消化管悪性疾患だけでなく良性疾患に対しても日本内視鏡外科学会技術認定医による腹腔鏡下手術を積極的に行っております。進行癌に対しては、お腹に5ヵ所のポートを挿入して手術を行っていますが、良性疾患および早期癌に対しては使用するポートの数を減らしたreduced port surgeryを行っており、手術創が“へそ”のくぼみにかくれて全く目立たなくなるcosmetic surgery(美容的な外科)です。

photo
単孔式手術例
image/40_photo_case2_3.jpg
通常の腹腔鏡下手術例

  • 肺・肝などに転移を有する大腸癌症例に対しては、放射線化学療法を行い呼吸器外科および肝臓外科と連携して積極的に転移巣を切除しております。また再発症例に対しては外来化学療法室を利用した外来化学療法を行っております。血管新生阻害薬、分子標的薬などを用いた最新の化学療法を受けることができます。
  • 炎症性腸疾患に関しては内科専門医と連携して手術のタイミング、術後外来フォロー法を検討し“消化器病センター的な治療”を行っております。

下部消化管 診療実績

2001年から2010年の10年間に大腸癌302例(結腸癌199例、直腸癌103例)に腹腔鏡下手術が行われました。stage 0 orTが166 例(55%), stage Uが84例 (28%), stage Vaが33例 (11%), stage Vbが8例 (2%), stage Wが11例 (4%)で、その5年生存率はstage 0 orTが100%, stage Uが93.4%, stageVaが91.0%, stage Vbが85.7%, stage Wが27.2%で開腹手術の成績と差がありません。



疾患解説



▲このページのTOPへ