■ 葛飾医療センターTOP

病院病理部


平成30年4月現在

フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:原田 徹

診療スタッフ
診療部長 原田 徹
診療医長 萬 昴士
医師数 常勤 2名

診療内容・専門分野


 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター病院病理部は、昭和54年4月に青戸病院病理科として開設されました。平成24年1月5日に新病院である葛飾医療センターとなって、総計で45年以上の歳月を経て、現在に至っています。東京慈恵会医科大学の病理部門は、病理学講座を中心に4つの附属病院(附属病院:本院、葛飾医療センター、第三病院、柏病院)に病院病理部があり、各病理部にはいずれも講座から出向で、医師が勤務しております。現在葛飾医療センター病院病理部には3名の医師が出向し、日々の診療業務に従事しております。
 病理部の院内業務内容は、1)細胞診断,2)組織診断(生検材料・手術材料の診断、術中迅速診断),3)病理解剖, 4)臨床支援(院内各科との症例検討会・CPC(clinic pathological conference)),5)研究支援(研究・学会発表・論文投稿),6)学生・研修医教育などからなり、病院の診断業務以外にも大学としての研究・教育にも幅広く関与しております。


特色


 院内の診断業務では、診療各科に対する中央診療部門として、診療過程における中核的な役割を担っています。腫瘍・非腫瘍性疾患を問わず多彩な症例・疾患に対応すべく、主治医と個別にあるいは随時各科と症例検討会(カンファレンス)を開いて、連携を図っております。小回りの利く環境を活用するとともに、講座や他の病理部との連携・consultationを行うことで、診断の質の維持を図っております。剖検例については、病院内でCPCを行い、研修医を含めた医学・医療へのフィードバックによる貢献を目指しております。
 細胞診断では、液状化細胞診検体への対応も行なっております。組織診断では、HE染色を基盤に一般的な各種特殊染色に対応しており、免疫組織化学染色では自動免疫染色装置を導入、不足抗体に関しては講座や他病理部へ委託する形で、臨床のニーズにできる限り幅広い対応を行なえるよう心掛けています。電子顕微鏡的検索も本院にて対応しております。
 電子カルテの導入と同時に、それと連携する病理業務支援システムの稼働も開始されています。


患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


平成29年(1-12月)の剖検数は4体、組織診件数7,755件、細胞診件数は7,653件でした。


診療科名 組織診 細胞診
精神神経科 0 0
小児科 13 0
外科 1985 382
整形外科 67 3
脳神経外科 36 9
皮膚科 745 0
泌尿器科 396 1368
産婦人科 1166 4892
眼科 10 1
耳鼻咽喉科 452 180
放射線科 8 1
麻酔部 0 0
救急部 12 14

診療科名 組織診 細胞診
内視鏡部 26 59
消化器・肝臓内科 2092 131
神経内科 13 45
腎臓・高血圧内科 241 41
リウマチ・膠原病内科 0 0
糖尿病・代謝・内分泌内科 90 15
循環器内科 57 27
呼吸器内科 150 417
総合内科 182 67
感染制御部 14 1
合計 7755 7653

診療スタッフ


診療スタッフ 写真 職位 専門 資格 出身大学
(卒業年度)
診療部長 原田 徹 photo 講師 人体病理
肺病理
肝病理
日本病理学会 専門医・指導医
日本臨床細胞学会 専門医・指導医
東京慈恵会医科大学
(平成3年)
診療医員 廣岡 信一 photo 助教

人体病理

外科病理

日本病理学会 専門医

日本臨床細胞学会 専門医
東京慈恵会医科大学
(平成11年)
レジデント 三宅 美佐代 photo 助教 人体病理
外科病理
  東京慈恵会医科大学
(平成25年)