■ 葛飾医療センターTOP

医療安全推進室



発足の経緯と現在の活動内容


平成14年に当院で生じた医療事故の反省から、慈恵医大附属4病院(本院・葛飾・第三・柏)すべてに医療安全管理室が設立され、安全な医療の提供を目指しています。2006年7月には名称を医療安全推進室へと変更し、活動を行っております。
安全文化を醸成するという観点から、シンポジウム(注1)、セミナー、などを繰り返し開催し、「患者さんの安全はすべてに優先する」という理念を全職員へ浸透させることに力を注いでいます。また「人は誤りを犯す」という前提のもと、各現場からの報告内容をレベル別に分析することにより、人間であるがゆえに発生してしまうシステム上の問題点を改善するなど、記憶し学習する組織創りを行っています。
注1)シンポジウム・セミナー:いずれも職員向けの勉強会のこと。時に対外的に実施することも有る。


医療安全管理体制 組織図


医療安全管理体制 組織図
院内では全てのセーフティマネジャーが胸章を付けております。

医療安全管理指針


東京慈恵会医科大学葛飾医療センターは医療安全管理指針を遵守し、医療を実践しています。


東京慈恵会葛飾医療センター医療安全管理指針


医療安全管理体制の充実に向けて


【報告体制の充実】
問題事例や問題に至らなかったが“ヒヤリ”、“ハット”した事例に遭遇した際は、パソコンによる報告システムにより、迅速に医療安全推進室へ報告する体制を整えています。 これらをセーフティマネジメント委員会等で分析して、結果をフィードバックし改善につなげています。
【医療問題・事故防止のための取り組み】
1)ルールの徹底
医療安全管理の基本方針と管理体制、重大事例発生時の報告体制、誤薬や転倒・転落をはじめとする具体的な医療事故防止策をまとめた「携帯版セーフティマネジメントマニュアル」を委託・派遣職員を含む全ての教職員に配布し、臨床現場で活用しています。
2)教育・研修
医療安全推進のための教育・研修活動を通して、教職員のレベルアップを図っています。また、附属4病院では、すべての教職員を対象に共通の出席管理制度を導入し、出席率の向上に努めています。
3)安全管理体制の確認・徹底
医療現場の安全管理意識の向上と安全な医療を提供するために、院内ラウンド、附属病院間の相互ラウンド、私立医科大学附属病院間の相互ラウンドを実施しています。
【より質の高い医療を目指した取り組み】
1)術前合同カンファレンス
ハイリスクな症例に対して、手術施行診療科のみならず関連する部署、多職種が集まり、安全確実に手術を実施するための問題点等を協議し、手術施行の可否についても検討します。
2)新治療実施検討部会
当院において、―蕕瓩銅損椶垢觴N邸Ω〆此手術、■嫁以上手術施行実績がない場合について、保険適用、手技内容、医療機器、材料の準備等について確認を行い、安全に手術が行える環境であるかの判断を病院に上申します。
3)鏡視下トレーニングコース
過去の医療事故を教訓に附属4病院に勤務する外科、産婦人科、泌尿器科の医師を対象に慈恵医大独自の鏡視下トレーニングコースを設け、資格認定制度を取り入れております。
4)中心静脈カテーテル(CVC)挿入に関わる認定制度
中心静脈カテーテルの挿入は、頻繁に行われる医療手技ですが、身体への侵襲を伴う手技でもあります。慈恵附属4病院では、医師に対して共通の教育体制を整備し、シミュレーターを用いた実践的な認定資格制度を取り入れております。

より安全な医療を提供させていただくために


【リーフレットの運用】
日頃より取り組んでいる医療安全対策のポイントをまとめ、患者さんにご理解いただくと共に医療者に対し注意喚起し、より安全な医療を実践していくことを目的にリーフレットを作成し配布しております。
リーフレット記載内容
  1. ・氏名確認にご協力ください
  2. ・現在ご使用のお薬の申告と持参のお願い
  3. ・アレルギー予防にご協力ください
  4. ・転倒・転落予防にご協力ください
  5. ・褥瘡 (床ずれ)予防にご協力ください
  6. ・深部静脈血栓症(エコノミー症候群)予防にご協力ください
  7. ・医療機器の安全使用にご協力ください
  8. ・感染対策にご協力ください
  9. 1.手洗い(手指衛生)
  10. 2.咳をする時のお願い(咳エチケット)
  11. 3.症状の報告について
  12. 4.感染症発生時の対応について
  13. 5.環境を汚染しないために
  14. 6.ご面会について

医療安全推進週間について


平成16年度より、大学全体での医療安全推進に向けた取り組みとして「医療安全推進週間」を毎年設けています。今年度も11月1日(月)から14日(日)にかけて、各附属病院を中心に様々な取り組みを行います。



大学および全附属病院共通の取り組み
※2021年度実施内容

1.みどりのリボンの着用
安全で安心な医療を推進するシンボル「みどりのリボン」を全ての教職員・関連スタッフ・学生が着用します。
【みどりのリボン】
私たちの身近に起こった医療事故を教訓として、医療安全の推進をはかるとともに、より質の高い医療を提供するために努力していく気持ちを示しています。

2.教職員を対象とした医療安全に関するシンポジウム・セミナーを開催します

2021年11月5日(木)4病院合同セーフティマネジメントシンポジウム
演題:「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について」
演者:東京慈恵会医科大学附属病院 感染対策部 部長 中澤 靖氏 他 

※患者さんおよび本学関係者以外の方は受講できませんのでご了承ください。

 

葛飾医療センターの取り組み

1.医療現場での医療安全対策の確認・指導を目的とした院内ラウンドを実施します
当院では毎月、医療安全推進室とセーフティマネジャーによる医療安全ラウンドを実施していますが、推進週間期間中は、病院幹部による医療安全ラウンドを実施します。また、本学の附属病院間の相互ラウンドも実施し、他の施設における医療安全対策について相互にチェックし、学ぶ体制がとられています。


2.チーム医療の大切さを学ぶため、TeamSTEPPS研修会を開催します


3.医療機器の安全使用を目的とした研修会を開催します

医療機器を安全に使用するために、医療機器に対する基礎知識を向上させるため、医療機器管理部門である臨床工学部が中心となり研修会を開催します。
4.医薬品安全業務手順書に基づいて医薬品が安全に取り扱われているかの確認を行います


※上記研修会等は、患者さんおよび本学関係者以外の方は参加受講できませんのでご了承ください。