学校法人 慈恵大学 学校法人慈恵大学とは

学校法人慈恵大学

理事長挨拶
行動憲章/行動規範
学校法人 慈恵大学とは
組織図
歴史
情報公開
社会活動・地域との関わり

お問い合せ サイトマップ トップページ

教育情報

■東京慈恵会医科大学における動物実験に関する情報公開
平成29年5月
学長 松藤 千弥

 平成29年5月現在における、本学での動物実験に関する現状を以下にご報告いたします。

1.規程及び体制等の整備状況

(1) 規程及び体制等の整備状況
 平成18年度文部科学省基本指針、平成18年度学術会議ガイドライン、ならびに平成18年度動物愛護法に適合する機関内規程が定められ、平成19年9月1日より施行されています。  
(2) 動物実験委員会について
  上記の動物実験規程に基づいて、動物実験委員会を平成19年5月1日に設置しました。
(3) 動物実験の実施体制について
 上記の動物実験規程に基づいて、動物実験計画の審査を実施しています。平成27年6月より稼働している動物実験計画審査申請システムにより、動物実験計画における申請・審査・承認、ならびに、中止・終了等の報告など関わる手続き全般が電子システム上にて管理されています。また、教育訓練の受講および申請状況を含む申請者の情報、および、実験計画の情報はデータベース化され、各種情報の適切な管理および活用が可能になっています。
(4) 安全管理に注意を要する動物実験の実施体制について
 基本指針に適合し、安全管理に注意を要する動物実験の実施体制が定められています。動物実験計画の中で、遺伝子組換え動物実験、感染動物実験等を含む計画は、その旨を申請時に明記し、また、委員会での審査の過程においてもチェックし、動物実験委員会による審査と学長承認のみならず、それぞれの専門の委員会における審査と学長の承認を受けるまでは、動物実験が承認されても実験を開始できないよう定めています。特に、遺伝子組換え実験安全対策委員会規程と東京慈恵会医科大学における遺伝子組換え生物等の使用に関する安全規約および各内規、ならびに、病原体等安全管理規程と病原体等安全管理規程運用細則に則って実施されています。 また、動物実験実施者や実験動物飼養者等あるいは飼育環境に有害な影響を及ぼす懸念のある実験については、使用する特定化学物質や発がん物質、有害性重金属、変異原性物質ごとに曝露・拡散の防止方法や廃棄方法等の詳細も実験計画内に登録しています。  
(5) 実験動物の飼養保管の体制について
 各研究単位(教室、研究室等)には、施設等管理者、実験動物飼養管理者もしくは実験室管理者を定めています。動物実験を行うための飼養保管施設、および、動物実験室(48時間以内の実験)を、すべて、所定の書式によって施設等管理者が申請し、動物実験委員会が所定の実地調査を行ったうえで、必要があれば改善を命じ、十分な設備であると認定された施設のみ、学長からの承認が得られるよう規程で定めています。承認のない施設では一切動物実験を行うことができないことが規程に明記されています。一方、動物実験計画審査申請システムによって、施設等管理者が、それぞれの管理する施設等で適正な動物実験が行われることを確認できるように、管理する施設等を用いる動物実験計画について通知を受け、研究計画内容の開示を求められるようにしています。ここれらの対応によって、動物実験の適正な管理と実施の透明性が確保されています。

2.実施状況について

(1) 動物実験委員会
 動物実験委員会は、通常の計画審査業務をインターネットによる完全な電子申請システムを用いて行い、その全記録はシステム上により一元管理(データセンター管理)されています。動物実験計画審査申請システムによる動物実験計画の審査、飼養保管施設実地調査報告書あるいは(動物)実験室実地調査報告書による施設等の実地調査、教育訓練の定期的な実施、また委員会議事録ならびに電子メールによる委員会電子記録によるそれらの方針における意思決定など、委員会の役割を果たしています。 このような委員会による意見投票、可否投票等は24時間行われており、頻度の高い密な意見交換と討議が行われています。
(2) 動物実験の実施状況
 動物実験計画の立案、審査、承認、結果報告が規程に基づいて実施されています。
 最近3年間の承認計画件数は下記3.関連資料のとおりです。 
 承認時に届けられた実験期間が過ぎた動物実験計画については、結果の報告を計画の終了時もしくは中止時に、動物実験責任者に終了もしくは中止報告書を提出するよう義務付けています。
(3) 安全管理を要する動物実験の実施状況
 規程施行時から現在までにおいて、事故は発生しておらず、安全に動物実験が実施されています。また、「東京慈恵会医科大学実験動物飼養保管施設等における防災マニュアル」「実験動物逸走防止及び逸走時の対応マニュアル」「東京慈恵会医科大学実験動物由来の創傷及び疾病対策マニュアル」を制定し、「東京慈恵会医科大学動物実験事故報告書」を作成しました。
(4) 実験動物の飼養保管状況
 大部分の飼養保管を行っている実験動物研究施設での実施は適正に管理され適正に行われています。実験動物研究施設以外の、承認を受けた飼養保管施設における飼養保管は、実験動物管理者の責任で適正に進められています。また、実験に供された動物の匹数は、実験動物研究施設および、それ以外について、統計をとり、下記3.関連資料のように公表しています。  
(5) 施設等の維持管理の状況
 機関内の飼養保管施設は、施設等管理者(各施設施設長が担当)の責任において、適正に維持管理されています。
(6) 教育訓練の実施状況
 平成28年度は4月に、文部科学省基本指針および実験動物飼養保管基準に則した教育訓練を行い、以降は希望者に対して教育訓練を記録したDVDの視聴および、確認試験による個別での教育訓練を行っています。受講者名簿を作成し、受講者には受講証を発行しています。動物実験計画審査申請システムによって、事前の教育訓練受講後に発行される受講番号がなければ動物実験計画の立申請はできないように管理されています。
 また、動物実験を指導教員の監督のもとに学部学生が行うにあたり、学部学生を対象とした教育訓練も行っています。
(7) 自己点検・評価、情報公開
 基本指針への適合性に関する自己点検・評価を、今後、外部評価委員の選定と依頼を進め、行います。また、大学ホームページにおいて関連事項の情報公開を実施しています。

3.関連資料

(1) 東京慈恵会医科大学 動物実験規程
(2) 東京慈恵会医科大学動物実験委員会名簿
(3) 計画書などの各種届出申請様式
  ・動物実験計画書
  ・動物実験計画の変更願
  ・動物実験結果報告書 
  ・動物実験(終了・中止)報告書
(4) 動物実験計画審査申請システム利用ガイド
(5)

動物実験委員会承認飼養・保管施設数概略表

(6) 動物実験室・飼養保管施設各種届出書式  

飼養保管施設設置届書式

動物実験室設置届書式

施設等(飼養保管施設・動物実験室)廃止届書式

飼養保管施設実地調査報告書書式

(動物)実験室実地調査報告書書式

(7) 動物実験計画の承認状況概略表
(8) 実験に供した実験動物数
(9)

教育訓練開催年月日と受講者数

(10) 動物実験委員会教育訓練配布資料
資料1

資料2

資料3
資料4
(11) 自己点検・評価、情報公開
(12) 東京慈恵会医科大学実験動物飼養保管施設等における防災マニュアル
(13) 東京慈恵会医科大学実験動物逸走防止及び逸走時の対応マニュアル
(14) 東京慈恵会医科大学実験動物由来の創傷及び疾病対策マニュアル
以上




top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.