教育について

幅広い知識・確固たる技術・豊かな感性をもつ者として

教育理念

ナイチンゲール像 M.E.リード

本校は、1885年(明治18年)創始者高木兼寛がナイチンゲール看護婦学校に範を得て、「つねに人びとの幸を願いそのために献身する」という慈恵の精神に基づき、看護教育を開始した、わが国最初の看護師教育機関です。

以後、一貫して社会に貢献できる看護実践者を育成しています。

教育にあたっては、専門職として必要な知識・技術を身につけ、教育所開設当初より大切にしてきた、品位、礼儀、辞譲、温和な態度で対象である人間を尊重した看護を実践できる看護師を育成します。慈恵の看護教育を受けた看護師は、社会のニーズに応じて医療施設のみならず在宅および保健福祉分野に貢献できる専門職として人々の健康に 寄与します。

教育目的

慈恵の精神に則り看護に関する専門教育を行い、人間性の涵養につとめ社会に貢献できる有能な看護師を育成することを目的とする。

教育目標

教育理念
  1. 人間の存在を尊重し、人間の理解を深めるための能力を養う。
  2. あらゆる人々の健康状態に対応した看護を実践する基礎的能力を養う。
  3. 保健・医療・福祉を総合的に理解し、看護の主体性を発揮する能力を養う。
  4. 豊かな人間性を養い、社会人として良識ある態度が形成できる。
  5. 専門職業人として看護を探求する姿勢を養う。
  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について