ご挨拶

学校長 羽野 寛

学校長 羽野 寛

看護の重要性を認識していた創立者の高木兼寛は、日ごろ「医師と看護婦は車 の両輪の如し」と説いていたそうです。この言葉の中には、高木がロンドンのセント・トーマス病院医学校に留学していた折、看護職を初めて専門職として確立させたナイチンゲールの思想から大きな影響を受けていたことが窺えます。5年間の留学期間を終えるころには、その病院に設けられていたナイチンゲール看護学校やナイチンゲール病棟が脳裏に鮮明に焼き付けられていただろうことは、想像に難くありません。帰国後、医学校を創設(1881年、東京慈恵会医科大学の前身)するとともに、その当時の日本では顧みられることの少なかった看護師教育に踏み出すことになりました。それが日本で最初の看護師教育機関である有志共立病院看護婦教育所—私たちの慈恵看護専門学校の前身—の設立(1885年)に結実したのです。それ以来130年近い長きにわたって、多くの学生が学び、その良き伝統が受け継がれ今に至っております。

医療の実践舞台へと飛び立った卒業生は1888年の第1回生から6500余名に達しており、大勢の人が全国で活躍しております。高木兼寛の医療に対する姿勢は、建学の精神として掲げられている「病気を診ずして、病人を診よ」という言葉に表されているように、全人的な医療を目指すものです。今、医療は患者中心の理想的な医療を目指して、ダイナミックに動いております。「病気を診ずして、病人を診よ」は病を負って弱い立場にある患者さんを、丸ごと人間として全人格的に理解する事であり、「患者中心」の医療の根幹をなすものです。普段の医療の中で、患者さんと人間的に最も接する機会の多いのが、看護職です。全人的医療の中で、また患者中心のチーム医療の中で、看護職の果たす役割は、大きいものがあります。医療の多様な場面で、教育や実践によって培われた看護の技術によって、患者さんに対する肉体的、精神的ケアが適切かつ十分に行われることが期待されているのです。慈恵看護専門学校は、古い伝統に支えられつつも教育体制の充実を図り、高い職業意識とすぐれた技術を持つ看護師の養成を目指して、教職員一同力を合わせて努力しております。実習病院は東京慈恵会医科大学附属病院であり、建学の精神を共有する恵まれた環境の中で、看護を学ぶことができるのも大きな特徴です。是非入学して、看護の道で活躍して頂くことを念願しております。

副校長 上間 ゆき子

副校長 上間 ゆき子

看護とは、あらゆる健康の段階にある人々に対して、その人らしく生活できるように援助する活動です。看護者は、対象を尊重し、一人ひとりが持つ力を最大限に発揮できるように働きかけを行います。人と人との人格的な関係を構築し、そのことを通して人間として自らを成長させることができる尊い仕事であると考えます。

医学が日々進歩し続けるなか、慢性疾患や後遺症などより複雑化した健康問題を持つ方々、長期に療養を必要とする方々が大勢おられます。その方々と、支える人々にも多様な価値観が存在し、少子高齢社会で人々がもつ社会力も変化を続けております。看護者は、人間の尊厳、生きるとは何を意味するのか、老いるとは何か、なぜ人は病むのかなど種々の課題と向き合い、自分自身の生き方とも合わせて人間を見つめるための視点をもつ必要があります。そして、その視点とともに明確な根拠に基づく知識や技術によって、看護を実践できる能力を身につけることが求められます。

慈恵看護専門学校は、明治18年の教育所開設以来大切にしてきた「常に人々の幸を願いそのために献身する」という慈恵の精神をもとに、看護を実践するための知識や技術、そして品位、礼儀、辞醸、温和という看護者としての姿勢を持った看護者を育み、送り出して参りました。本校は、隣接する東京慈恵会医科大学附属病院をはじめとしたさまざまな施設で、豊かな経験を持つ教員や臨地指導者の支援によって、看護を学べる環境が整っています。看護を学ぶと言う意思を持ち、他者への深い関心と看護のこころを持った看護者となることを希望する皆さんのご入学を心よりお待ちいたしております。

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について