ご挨拶

学校長 羽野 寛

学校長 羽野 寛

看護の重要性を認識していた創立者の高木兼寛は、日ごろ「医師と看護婦は両輪の如し」と説いていたそうです。この言葉には、高木がロンドンのセント・トーマス病院医学校に留学していた折、看護職を初めて専門職として確立させたナイチンゲールの思想から大きな影響を受けた事が窺えます。5年間の留学を終え帰国した高木は、成医会講習所を創立(1881年、東京慈恵会医科大学の前身)すると共に、看護婦教育にも踏み出す事になりました。それが、当時慈善病院として設立されていた有志共立東京病院に設置された看護婦教育所で(1885年)、私共の慈恵看護専門学校の前身であり、日本で最も伝統ある看護婦養成所です。以来135年に近い長きにわたって、多くの学生がその良き伝統が受け継がれ今日に至っています。医療の実践舞台へと飛び立っていった卒業生は、1888年の第1回生から7,000余名に達し、多くの方が全国で活躍しております。「病気を診ずして、病人を診よ」という建学の精神は、患者に対する全人的医療、つまり病を負っている患者さんを丸ごと人間として理解し病に対するというものと解され、患者さんの人格の尊重を旨する今日の医療の根本的な考えかたにも通じております。医療体制も患者さんとの信頼関係を基本に、医師、看護師をはじめとする多くの医療職種が協力して医療に携わるというチーム医療が根付いてきております。このような流れにあって、患者さんと人間的に最も接する機会の多い看護師さんの果たすべき役割には大きなものがあります。学習や実践によって培われた看護の知識や技術をもって、また患者さんに寄り添う心をもって、身体的に精神的に患者さんをケアする事がますます期待されてきているのです。また、少子高齢化という社会的構造の変化に伴って、医療機関ばかりでなく、福祉、介護などの関連施設においても看護師の活躍する場が広がってきております。

慈恵看護専門学校は、長い伝統に支えられつつも教育体制の充実を図り、高い職業意識と優れた職業意識を持つ看護師の養成を目指して、教職員一同力を合わせて努力しております。実習病院は東京慈恵会医科大学(慈恵医大)の附属病院であり、建学の精神を共有する恵まれた環境の中で、看護を学ぶことが出来るのも大きな特徴です。是非入学して、看護の道を目指して頂きたいと心から願っております。

副校長 桶土井 清美

副校長 上間 ゆき子

看護は、あらゆる年代の健康の段階にある人々に対して、その人らしい生活をおくることができるように援助する活動です。

少子超高齢化といわれる日本の社会には、慢性的な疾患や障害を抱えながら生活する人々が大勢おられます。このような人々の生と死に関わる看護職の活躍の場は拡大し、多様化しています。

人間の尊厳を守り、人々の普遍的なニーズに応える看護師は、健康と幸福な生活とは何か、命や病とは何かなど、多くの課題と向き合い、自分自身の生き方と並行して、人を見つめるための視点を育む必要があります。そのため、看護に必要な基礎的な知識を蓄えそれらを活用し、適切な技術をもって看護実践することが求められています。

慈恵看護専門学校は、明治18年教育所開設以来135年の長きに渡り大切にしてきた、品位、礼儀、辞譲、温和な態度で看護を実践できる看護師を育成してまいりました。

本校は、隣接する東京慈恵会医科大学附属病院をはじめ地域の医療保健福祉施設で、経験豊富な臨地指導者や看護教員の支援により、多くの学びを得られる環境が整っています。

看護を学ぶ志しと、人間に対する深い関心を持ち、看護実践者として社会に貢献することを希望する学生さんを心よりお待ちしております。

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について