メッセージ在学生

在学生 在学生

立教大学出身

患者さんの気持ちに立ち信頼される看護師になりたい!

私は、大学卒業後、社会人として働き始めましたが、自宅で祖母の介護を行ったことをきっかけに、人の人生に深く関わり支えられる仕事に就きたいと思うようになりました。
はじめは専門的な学習の多さに戸惑いがありましたが、先生方や先輩方のサポートと、同じ夢をもつ仲間とともに充実した学校生活を送っています。
また一人ひとりの患者さんを大切にする「病気を診ずして、病人を診よ」という高木兼寛先生の精神は授業にも生かされ、看護の本質である相手に寄り添うという人間性も学んでいると感じています。
信頼される看護師になるために、確かな知識や技術を学ぶとともに、患者さんの気持ちに立てるよう、生涯にわたって学び、人間としても成長していきたいと思います。

在学生 在学生

埼玉県立所沢西高等学校出身

患者さんの心に寄り添い笑顔にできる看護師になりたい!

私は幼い頃、身体が弱く何度が入院をしたことがありました。そのとき看護師さんは私に温かく接してくださり、入院生活を支えてくれました。この体験から人の助けになる仕事がしたいと思い看護師を目指そうと決意しました。
看護学校に入学してから専門的な授業や演習など初めて学ぶことが多く、ついていけるか心配でした。しかし、クラスの仲間や先輩との情報交換、先生方のサポートがありテストや実技試験を乗り越えることが出来ました。学校ではクラスの団結力が強く、先生が生徒一人ひとりに親身になって接して下さるので安心して学べます。周りの方のサポートと自分の努力で今後も乗り越えられると信じています。
将来は、患者さんの心に寄り添い、患者さんを笑顔にできる看護師になりたいです。

在学生 在学生

玉川大学出身

患者さんや家族の心に寄り添い、精神的に支えられる看護師になりたい!

大学生時代に歯科助手のアルバイトをした時の経験から医療に携わる楽しさを感じ、病める人と深く関わり支えとなれる職業について考えるようになり、看護師を志望しました。
学内の講義・演習を経て、臨地実習では看護の知識や技術、姿勢を学んでいます。実習では、手術後肩の痛みを訴える患者の苦痛を少しでも軽減したいと思い、看護師と相談しホットパックとマッサージを行いました。少したってから訪室すると、患者からありがとうと笑顔で握手をされ、「未熟な自分にもできることがある」とやりがいを実感しました。
これからも学習を重ね、身体的なケアはもちろん、患者さんや家族の心の痛みや苦しみに寄り添い精神的な支えにもなれる看護師になりたいと思っています。そのために、知識や技術だけでなく感性も磨いていき、看護師としても、一人の女性としても成長できるよう努力していきたいです。

在学生 在学生

東京都立東高校出身

患者さんの思いを理解し、安心感を与えられる看護師を目指します!

私は進路を決める時、資格を持って生涯働ける仕事がしたいと考えていました。そんな時、手術前に緊張している母に優しく声をかけてくれた看護師の頼もしい姿を目にし、看護師を目指すことを決めました。
3年生となって講義、実習はいよいよ専門的になり、学ぶべきことも多く、日々奮闘しています。実習で受け持った患者の術後の離床を援助する場面では、痛くて動くことができないその人にどう接したらよいかわからず戸惑っていたところ、看護師さんから「患者の思いを理解し相手に合わせた方法で関わることが大切」と指導を受け、一人ひとりに合わせた看護の重要性を学ぶことができました。学校生活では喜びや辛さを分かち合える多くの仲間と支えあい、充実した毎日を送っています。
今後は、確かな技術はもちろん、患者さんの思いを理解でき安心してもらえるような看護師をめざし、人間としても成長できるよう 日々を過ごしていきたいと思います。

  • 慈恵看護専門学校(新橋)
  • 慈恵第三看護専門学校
  • 慈恵柏看護専門学校
  • 慈恵青戸看護専門学校について