■ 東京慈恵会医科大学TOP

カリキュラム概要

医学部医学科_西新橋校舎(大学1号館)"自ら求め、自ら学ぶ" 6年一貫のカリキュラム 

 本学は豊かな人間性とバランスのとれた知識と技術を身につけている良き臨床医、および研究の目的をよく理解して、深い知識と斬新な実験技術とを十分に駆使し、オリジナリティのある研究を行うことができる、良識ある医学研究者を養成する大学です。

 自ら医学の道を選び入学してくる学生諸君には、医学に必要な基本的知識や技能・態度を習得すると共に、ますます専門化している医学知識や技能だけに目を奪われることなく、社会的良識の上に立って、さまざまな問題を解決する能力が必要です。

 本学の教育の基本は、疾病を克服し、人類の健康を増進するための医学の基本的知識や技能ならびに態度・習慣を習得することですが、その上に「病気を診ずして病人を診よ」という建学の精神に基づいた人間性豊かな医師になるための責任感、使命感、および倫理感を身につけ、実践することを重視しています。

 このような考え方に基づき6年間をとおしたカリキュラムが編成されています。その基本は4本の柱からなります。

 "総合教育"では人間性や倫理的判断能力を養うために人文科学、社会科学などからなるユニットを少人数グループで学びます。"生命の科学"では科学的判断能力を養い、新しい医療技術を開発して駆使できる素養を習得するために、自然科学、基礎医学、社会医学を臨床医学との連携を考えて学びます。

 "研究"では自ら研究テーマを選び、研究を遂行する能力を研究活動をとおして体得します。"医療(診療)の実地"では卒業する時までに必要な基本的医学の知識と技能・態度を習得するため、臨床医学における診療の実際とその科学的根拠を学びます。

 これら4本の柱をもとに基本となるコースについて概説します。本学ではこの柱を基本に、たえずカリキュラムを見直し、改善を図っています。平成8年度に大幅なカリキュラム改訂を行いました。平成14年度からはさらなる改訂を行った新しいカリキュラムが始まりました。これらのコース内にはさらに細分化されたユニットがあります。

カリキュラム詳細