■ 第三病院TOPページ

歯科(歯科口腔外科)


2023年10月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:小泉 桃子

診療スタッフ 診療フロア
診療部長 小泉 桃子
医師数 常勤 5名、非常勤 1名

診療内容・専門分野


・口腔外科疾患(歯性感染症、顎顔面外傷、粘膜疾患、嚢胞、腫瘍など)
・顎関節症
・有病者(他科の疾患を有する患者さん)の観血的処置(抜歯、切開など)
・周術期口腔機能管理(手術、化学療法、放射線治療を行われる方への口腔内管理)


特色


歯科口腔外科では、抜歯をはじめ、顎骨内の良性腫瘍や嚢胞、顎骨骨折などの外傷、歯性感染症といった口腔顔面領域の診断と外科治療を行なっております。
また、医科大学附属病院における歯科として、全身疾患を有する方へ安全な治療を提供できるよう、院内他科と密に連携を取って治療を進めていきます。
がん治療などを行う方に対しては、周術期口腔機能管理によって入院中の口腔内トラブルを予防、改善できるよう口腔内チェック、口腔ケアに取り組んでおります。 北多摩南部保険医療機関における数少ない有床歯科医療機関の一つであり、病院歯科としての特徴をいかしつつ、地域医療機関との連携にも努めています。

 

年度 歯科(歯科口腔外科)
入院延患者数 新入院患者数 外来初診患者数
2022年 640 136 2,135
2021年 650 146 2,079
2020年 600 131 2,020
2019年 683 164 2,600
2018年 585 126 2,217

 

 

主な医療機器・設備


CT、MRI、生体情報モニタ、笑気吸入鎮静器、口腔外バキューム


患者数・症例数・生検数・手術数・治療成績等


2021年の症例数は、親知らずの抜歯などの小外科を除いて、外傷41例、炎症129例、粘膜疾患133例、嚢胞72例、腫瘍57例、顎関節疾患77例、周術期口腔機能管理件数177件でした。
入院患者数は146名、そのうち全身麻酔による手術は、深部埋状歯抜歯68例、顎骨嚢胞良性腫瘍摘出術46例、開窓術5例、顎顔面外傷事例2例、局所麻酔による手術は121例でした。


救急・時間外診療の対応


17時まで救急診療対応しています。


その他


一般歯科治療(虫歯、義歯等)、歯列矯正治療は行っておりません。また、土曜日および日曜・祝祭日の抜歯は行っておりませんのでご了承ください。

初診時には応急処置のみ行い、親知らずの抜歯で紹介された患者さんも、その日に抜歯は行えませんので、ご了承ください。


外来担当医表


第三病院 歯科 外来担当医表