■ 柏病院TOPページ

血管外科


2020年4月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

スタッフ


戸谷 直樹、伊藤 栄作、中川 光


 

photo
戸谷 直樹
職位 外科医長・手術部長 准教授 Naoki TOYA
専門 血管外科
出身 慈恵医大 平成元年卒 東京
資格 日本外科学会指導医・専門医、日本心臓血管外科学会認定修練指導者、日本心臓血管外科学会専門医、日本脈管学会専門医、日本血管外科学会認定血管内治療医、日本消化器外科学会認定医、胸部ステントグラフト(CTAG)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Zenith alpha thoracic)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(TX2)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Valiant)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Relay)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Najuta)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Zenith alpha abdominal)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Excluder)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Endurant)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Aorfix)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(AFX)実施医・指導医、浅大腿動脈ステントグラフト(Viabahn)実施医、下肢静脈瘤レーザー焼灼術実施医・指導医
学会 日本脈管学会評議員、日本血管外科学会評議員、日本血管内治療学会評議員、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管内治療学会、日本静脈学会、日本消化器外科学会、東京血管外科画像診断治療研究会世話人、千葉県大動脈ステントグラフト研究会世話人、血管外科症例検討会幹事、J-Rescue世話人、International College of Angiology(国際脈管学会)、Japan Endovascular Symposiumファカルティ

photo
伊藤 栄作
職位 外科医員 助教 Eisaku ITO
専門 血管外科
出身 慈恵医大 平成22年卒 東京
資格 日本外科学会専門医、日本心臓血管外科学会専門医、日本脈管学会専門医、日本血管外科学会認定血管内治療医、胸部ステントグラフト(CTAG)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Zenith alpha thoracic)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Valiant)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Relay)実施医・指導医、胸部ステントグラフト(Najuta)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Zenith)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Excluder)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Endurant)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(Aorfix)実施医・指導医、腹部ステントグラフト(AFX)実施医・指導医、浅大腿動脈ステントグラフト(Viabahn)実施医、下肢静脈瘤レーザー焼灼術実施医・指導医
学会 日本外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本循環器学会、日本創傷治癒学会
賞罰

・第28回 日本内視鏡外科学会総会 会長賞 (2015. 大阪)

・Society for Vascular Surgery (ASVS 2017) and the 12th Asian Venous Forum in conjunction with the 4th Kuala Lumpur Vascular Access Conference (4th KLVAC). A Best Poster Award (2017.Kuala Lumper)
競争的資金

・科学研究費 若手研究(2019-2021) 腹部大動脈瘤における動脈硬化進行度と腸内フローラの関連性の検討(19K18194)

・第45回日本心臓財団研究奨励

photo
中川 光
職位 外科医員 助教 Hikaru NAKAGAWA
専門 血管外科
出身 東海大 平成26年卒 埼玉
資格  
学会 日本外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本心臓血管外科学会

対象疾患


大動脈瘤(胸部/胸腹部/腹部)、大動脈解離(急性/亜急性期/慢性)、末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症、重症虚血肢、頸動脈狭窄、腎動脈狭窄など)、内臓動脈瘤、急性動脈閉塞症、下肢静脈瘤(レーザー治療含む)、透析用内シャントなど


特色・高度医療


当科の基本方針

当科は全身の血管病に対して、内科的治療(薬物療法、運動療法)、外科的手術、血管内治療など包括的治療を行う「血管病治療科」です。血管は全身のすべての臓器に存在しており、血管病診療においては体の局所だけでなく全身の状態を鑑みて治療方針を考えなくてはいけません。患者さん個人こじんの病態生理や病状経過から、一人ひとりのニーズを考慮し、各治療法の長所、短所を見極めてより良い治療法を選択できるように心がけています。

当科の特色

当院は救命救急センターとして急性期医療も積極的に従事しており、破裂性大動脈瘤や急性大動脈解離、外傷性動脈損傷、急性動脈閉塞症などの緊急疾患に対しても、救急部・循環器内科・心臓外科・麻酔科・放射線科など診療科の垣根を越え治療にあたっています。さらに、当科は循環器内科・心臓外科・放射線科と毎週カンファレンスを行っており、また形成外科・内科など多診療科との連携を図っています。また、当院では循環器疾患以外も各科専門医が常勤しているため、全身の並存疾患をかかえた患者さんも積極的に受け入れています。
 血管外科の大きな特徴である「ステントグラフト手術」は、鼠径部(股のつけね)の動脈から、小さく折りたたんだステント付きの人工血管を大動脈内に挿入し、レントゲン透視下で治療を行う術式です。従来の外科的手術と異なり手術創も小さく、高齢の方や従来手術不能とされていた患者さんに対しても治療が可能となりました。当院では年間約100例の症例を治療しており千葉県内でも屈指の症例数を行なっています。大動脈瘤に対して外科手術と血管内治療を組み合わせたハイブリッド手術で治療を行っており、近年は亜急性期B型大動脈解離の晩期動脈瘤化を予防するためのステントグラフト手術も積極的に行っています。当科では本邦で使用可能な胸部・腹部ステントグラフト全機種の指導医資格を持った医師が常勤しています。そのため、患者さんの病状に合わせて適切なステントグラフトの選択が可能です。また、当科では国内外の施設からの施設見学の受け入れや、他施設への指導を行っています。
 当科では臨床研究についても積極的に行っており、「破裂性腹部大動脈瘤に対する開腹手術とステントグラフト内挿術の治療選択に関する全国多施設観察研究」、「大動脈瘤患者における血管内皮機能についての研究」など数多くの前向き臨床研究も行っております。詳細については当ホームページ下記をご参照ください。
 血管外科疾患でご不明な点などありましたら、柏病院外科外来(血管外科)までご相談ください。


主な医療機器・設備


ハイブリッドバイプレーンシステムX線血管撮影装置


photo photo


診療(治療)実績


柏病院血管外科手術件数

photo


柏病院血管外科手術症例数の推移

photo
photo


写真


主に使用している医療機器の写真
ハイブリッドバイプレーンシステムX線血管撮影装置


頸動脈狭窄症
頸動脈ステント
photo

術前

photo

術後

胸部大動脈瘤(弓部)Hybrid ステントグラフト治療
photo

術前

photo

術後

腹部大動脈瘤(切迫破裂)ステントグラフト治療
photo

術前

photo

術後

解離性胸腹部大動脈瘤Hybrid ステントグラフト治療
photo

術前

photo

術後

解離性胸部大動脈瘤・開窓型ステントグラフト
photo

術前

photo

術後

下肢末梢動脈疾患
photo

腋窩-大腿動脈バイパス

photo

遠位バイパス



研究・発表実績


研究(研究課題名(倫理員会受付番号)(UMIN-ID))

  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト術後の瘤壁造影程度と予後の関連についての解析(28-192(8435)) 終了
  • 大動脈瘤患者における血管内皮機能についての研究(28-289(8532))( UMIN000026504)
  • 急性非複雑性B型大動脈解離における瘤壁造影と予後の関連についての解析(29-046(8662)) 終了
  • Bovine型胸部大動脈瘤に対するNajutaグラフトの有用性についての研究(29-054(8670))
  • 血管病と動脈硬化の関連性についての研究(29-105(8721))
  • ステントグラフト術後発熱とグラフト素材の関連性についての研究(29-205(8821)) 終了
  • サルコペニアと下肢閉塞性動脈硬化症の予後との関連性についての研究(29-204(8820)) 終了
  • 破裂性腹部大動脈瘤に対する開腹手術とステントグラフト内挿術の治療選択に関する全国多施設観察研究(29-339(8955))
  • 破裂性腹部大動脈瘤に対する緊急ステントグラフト内挿術における中枢追加処置リスク因子の検討(29-338(8954))
  • 腹部大動脈瘤患者における腸内フローラの解析(30-082(9103))(UMIN000038284)
  • 大動脈瘤における局所血液循環についての研究(30-290(9311))
  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト術後の予後とサルコペニアの関連について研究(30-311(9332))(UMIN-ID:UMIN000039126) 終了
  • 大動脈末梢動脈救急治療における医療機関連携に関する多施設観察研究(30-337(9358))
  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト留置術時の下腸間膜動脈塞栓の有用性の評価:多施設前向き無作為化比較試験(31-120(9619))
  • 弓部嚢状・解離性動脈瘤に対する全頸部分枝開窓型ステントグラフト内挿術の有用性の検討(31-263(9762))


学会発表

2019
1月
第12回Tokyo ER meeting. 東京.
(教育講演)
・伊藤栄作. 緊急血管疾患の診断と治療

2月
第49回日本心臓血管外科学会学術総会. 岡山.
(ランチョンセミナー)
・戸谷直樹.エキスパートによるEVAR治療戦略―明日から使える!Aorfixの留置テクニックと治療成績―
(会長要望演題)
・伊藤栄作 他:TEVAR後再治療の検討
(座長)
・戸谷直樹. 会長要望演題 TEVAR後の再治療

4月
第119回日本外科学会定期学術総会. 大阪.
(ポスター)
・伊藤栄作 他:汚染創閉鎖における遷延性一次縫合を併用した減張縫合のSSI予防効果

5月
第47回日本血管外科学会学術総会. 名古屋.
(口演)
・伊藤栄作 他:腸腰筋指数を用いた腹部ステントグラフト術後の予後予測スコアの開発
(座長)
・戸谷直樹. ポスター 破裂性腹部大動脈瘤2

6月
第7回北総八千代台形成外科懇話会. 千葉.
(特別講演)
・伊藤栄作. 若手外科系医師のための臨床研究のはじめ方

8月
第17回北関東ステントグラフト研究会.東京.
(口演)
・戸谷直樹.当科におけるValiant治療―ノンベアを中心に―

第14回Japan Endovascular Symposium.東京.
(口演)
・戸谷直樹.TEVAR時代におけるB型大動脈解離の治療戦略

第25回日本血管内治療学会学術総会.東京.
(口演)
・川崎健史 他:弓部大動脈瘤に対する開胸オープンステント術後の吻合部破綻に対して頸部3分枝開窓型ステントグラフトで治療した1例

9月
第27回日本血管外科学会関東甲信越地方会.埼玉.
(座長)
・戸谷直樹.一般演題 胸部大動脈② 

ESVS 33nd annual meeting. Hamburg.
(Oral presentation)
・Toya N, et al. Complete neck vessels preservation during TEVAR using fenestrated stent graft for the treatment of saccular and dissecting aneurysms.
・E Ito, et al. Aortic wall enhancement: A possible new prognostic indicator of acute uncomplicated type B dissection.

10月
第60回日本脈管学会学術総会. 東京.
(ランチョンセミナー)
・戸谷直樹.Alpha Thoracic Distal Componentを使いこなす
(イブニングセミナー)
・戸谷直樹.内腸骨動脈塞栓におけるPOD coilの有用性―進撃のPOD packing―
(口演)
・伊藤栄作 他:腹部大動脈瘤における動脈硬化進行度と血管内皮機能障害の関連性解析
(座長)
・戸谷直樹.会長要望演題 EVAR-2

NEXT2019. 奈良.
(口演)
・伊藤栄作 他: EVAR後type Iaエンドリークに対してup-and-over snorkel techniqueにより治療した1例
(座長・司会)
・戸谷直樹. Live Demonstration 6, 7

11月
10th Surgery of The Thoracic Aorta, Bologna.
(Video)

・Toya N. Procedural tips and results of the made in Japan Najuta fenestrated stent graft for aortic arch aneurysm.



論文

2015
・Shukuzawa K, Toya N, Fukushima S, Momose M, Akiba T, Ohki T. Surgical treatment of a giant right hepatic aneurysm with an aberrant left hepatic artery: report of a case. Ann Vasc Dis 2015;8:271-3.
・宿澤孝太,戸谷直樹,百川文健,福島宗一郎,秋葉直志,大木隆生.破裂性胸部大動脈に対してchimney techniqueを用いた胸部ステントグラフト内挿術と二期的コイル塞栓で救命し得た1例.日心血外会誌 2015;44:228-31.

2016
・Toya N, Ohki T, Momokawa Y, Shukuzawa K, Fukushima S., Tachihara H., Akiba T. Risk factors for early renal dysfunction following endovascular aortic aneurysm repair and its effect on the postoperative outcome. Surg Today 2016;46:1362-9.
・Toya N, Shukuzawa K, Fukushima S, Momose M, Akiba T, Ohki T. Aortic arch aneurysm repair using the Najuta stent graft in a challenging compromised seal zone.J Vasc Surg Cases 2016;2:21-4.
・Fukushima S, Toya N, Shukuzawa K, Akiba T, Kanaoka Y, Ohki T. An Axillary-Popliteal Artery Bypass Using PROPATEN® for Critical Limb Ischemia Due to an Extremely Long Chronic Total Occlusion: A Case Report. Clin Surg 2016;1:1253:1-4.
・百瀬匡享,戸谷直樹,宿澤孝太,福島宗一郎,秋葉直志,大木隆生.反転ゴアエクスクルーダーレッグで治療が可能であった閉塞性動脈硬化症合併腹部大動脈瘤の1例.血管外科 2016;35:69-73.

2017
・Murakami Y, Toya N, Fukushima S, Ito E, Akiba T, Ohki T. Ascending aorta-common hepatic artery bypass for mesenteric revascularization. Int J Surg Case Rep 2017; 32: 51–53.
・Nishie R, Toya N, Fukushima S, Ito E, Murakami Y, Akiba T, Ohki T. Prophylactic accessory renal artery coil embolization for prevention of type II endoleak following endovascular aneurysm repair: a case report. Surg Case Rep. 2017 Dec;3(1):58.

2018
・Ito E, Yoshida M, Suzuki N, Imakita T, Tsutsui N, Ohdaira H, Kitajima M, Suzuki Y. Prophylactic retention suture at high risk for surgical site infection: A retrospective cohort study. Journal of surgical research 2018; 221:58-63.
・Ito E, Toya N, Fukushima S, Murakami Y, Akiba T, Ohki T. Aneurysm Wall Enhancement Detected by Contrast Computed Tomography Scan Is Associated With Aneurysm Shrinkage After Endovascular Aneurysm Repair for Abdominal Aortic Aneurysm. Circ J. 2018; 82: 340-5.
・Murakami Y, Toya N, Fukushima S, Ito E, Akiba T, Ohki T. Aneurysm sac enlargement 16 years after endovascular aortic aneurysm repair due to late type IIIb endoleak; a case report. Int J Surg Case Rep. 2018; 49: 215-218.
・Nakada T, Takahashi K, Ito E, Fukushima S, Yamamoto S, Takahashi N, Toya N, Akiba T, Morikawa, T, Ohki T. A case of bronchial artery aneurysm with an esophageal fistula as an extremely rare complication after bronchial arterial embolization. J Thorac Dis. 2018 Jun; 10(6): E476–E480.
・Toya N, Ohki T, Fukushima S, Shukuzawa K, Ito E, Akiba T. Fenestrated endovascular repair of aortic arch aneurysm in patients with bovine arch using the Najuta stent graft. J Vasc Surg Cases Innov Tech. 2018; 4(2): 148–151.
・Toya N, Ohki T, Fukushima S, Shukuzawa K, Ito E, Murakami Y, Akiba T. Case Series of Aortic Arch Aneurysm in Patients with Bovine Arch Treated with Proximal Scalloped and Fenestrated Stent Graft. Cardiovasc Intervent Radiol. 2018; doi: 10.1007/s00270-018-2058-1.
・Ito E, Toya N, Fukushima S, Ryosuke N, Akiba T, Ohki T. Polyester Grafts Are a Risk Factor for Postimplantation Syndrome after Abdominal Endovascular Aneurysm Repair: Retrospective Analysis for Polyester Graft, Excluder, and Endologix Powerlink/AFX  Ann Vas Dis 2018, 111(4): 520-524.
・重盛林太郎, 戸谷直樹, 福島宗一郎, 伊藤栄作, 西江亮祐, 秋葉直志, 大木隆生. 破裂性腹部大動脈瘤に対する緊急ステントグラフト内挿術における中枢追加処置リスク因子の検討.日血外会誌 2018; 27: 485-489.

2019
・Fukushima S, Ohki T, Toya N, Shukuzawa K, Ito E, Murakami Y, Akiba T. Initial results of thoracic endovascular repair for uncomplicated type B aortic dissection involving the arch vessels using a semicustom-made thoracic fenestrated stent graft. J Vasc Surg. 2019; 69(6):1694-1703.
・Ito E, Yoshida M, Ohdaira H, Kitajima M, Suzuki Y.Case series of in situ pelvic floor reconstruction combining levator ani suture and negative pressure wound therapy for abdominoperineal resection. Annals of Medicine and Surgery 2019, 43: 64-67.
・Baba T, Ohki T, Kanaoka Y, Maeda K, Ito E, Shukuzawa K, Momose M, Hara M. Risk factor analyses of abdominal aortic aneurysms growth in Japanese patients. Ann Vasc Surg. 2019; 55: 196-202.
・Nishie R, Toya N, Fukushima S, Ito E, Murakami Y, Misawa T, Ohki T. Two cases of asymptomatic axillary artery occlusion difficult to diagnose preoperatively: pitfalls and its solution in endovascular therapy when approaching from the upper extremity. Surg Case Rep. 2019; 5(1): 121.
・Ito E, Yoshida M, Ohdaira H, Kitajima M, Suzuki Y.Case series of in situ pelvic floor reconstruction combining levator ani suture and negative pressure wound therapy for abdominoperineal resection. Annals of Medicine and Surgery 2019, 43: 64-67.

・伊藤 栄作, 戸谷 直樹, 西江 亮祐, 村上 友梨, 福島 宗一郎, 吉田 博, 三澤 健之, 大木 隆生. 下肢静脈うっ滞と血管内皮機能についての検討(前向きパイロット研究). 脈管学 2019; 59(5): 29-32

著書

・戸谷直樹. 感染瘤に対するステントグラフト.ステントグラフトの大技小技.東京:メジカルビュー社,2017:260-1.
・戸谷直樹.腎機能低下(CO2造影を含めて).ステントグラフトの大技小技.東京:メジカルビュー社,2017:275-7.
・戸谷直樹.熱発.ステントグラフトの大技小技.東京:メジカルビュー社,2017:288-9.
・戸谷直樹.急性大動脈解離に対するステントグラフト治療.末梢血管疾患診療マニュアル,東京:南江堂,2018:292-4.
・福島宗一郎,金岡祐司,大木隆生.腹部大動脈瘤の診断.日本臨床2017年5月増刊 「動脈・静脈の疾患(上) -最新の診断・治療動向-」


診察予約


受付時間:医療機関からのFAXによる外来診療予約を受け付けておりますので、是非、ご利用ください。
患者支援センター 電話 04-7167-9680(直通)
FAX  04-7164-1197(直通)
※初診患者の受付時間 8:00~11:00


【柏病院ホームページの初診手続き、FAX予約】

緊急連絡先


救急患者は、365日24時間お受けしております。
救命救急センター 電話 04-7164-1111(代表)

関連ホームページリンク


東京慈恵会医科大学 外科学講座血管外科 http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/vasc-surg/index.html



▲このページのTOPへ