■ 葛飾医療センターTOP

整形外科


平成25年7月現在
外来担当医表 フロア案内へ 前に戻る

photo

診療部長:窪田 誠

診療スタッフ
診療部長 窪田 誠
医師数 常勤7名 非常勤2名

診療内容・専門分野


整形外科では、四肢や脊椎の外傷・疾患を治療しています。
大学病院、そして地域の基幹病院としての機能を果たすために、精密検査や手術が必要な患者様を多く診療しています。
初診の際には、できるだけお近くの整形外科からFaxで予約をするか、紹介状をいただいてください。


特色


整形外科一般の疾患、外傷に広く対応しています。
また、足の外科、脊椎については、さらに専門的に診療しています。
特殊な疾患については、新橋の慈恵医大附属病院や他の分院とも連携して診療いたします。
診断、治療方針の定まった患者様は、地元の医院・病院で治療できるように積極的に紹介しております。


専門外来


・足の外科:(担当:窪田誠)
足の疾患を専門的に診療する医療機関は限られておりますが、当科では小児疾患から成人の疾患まで、広く対応しております。
第2・4週の土曜日と、毎週木曜日午後に外来診療しております。 (診察日は都合により変更、休診となる場合がありますので、お問い合わせください。) 義肢装具士も待機しておりますので、装具や靴による治療も迅速に対応できます。

 〈対象疾患例〉
外反母趾        強剛母趾        リウマチによる足部変形
扁平足         後脛骨筋腱機能不全   足部の外傷
変形性足関節症     距骨壊死        足関節の外傷
距骨骨軟骨損傷     スポーツ外傷      モートン病
内反足         有痛性外脛骨  など
(下記の慈恵医大整形外科学教室、日本足の外科学会のホームページもご参照ください。)

・脊椎・側彎症(担当:井上雄、福宮杏里)
脊椎の疾患に幅広く対応します。
診察日は井上、福宮とも木曜日(午前・午後)です。
第2・4週の土曜日には、学童を対象とした側彎症の専門外来を行っております。(診察日は都合により変更、休診となる場合がありますので、お問い合わせください。)
義肢装具士も待機しておりますので、装具療法にも迅速に対応できます。

 〈対象疾患例〉
腰部脊柱管狭窄症    腰椎すべり症       椎間板ヘルニア
頚椎症         後縦靱帯骨化症      側弯症 など


主な医療機器・設備


MRI
マルチスライスCT
トモシンセス


救急、時間外診療の対応


救急外来にて救急部が随時対応し、必要に応じて整形外科が診察いたします。 大学病院、そして地域の基幹病院としての機能を果たすために、入院や手術が必要となるような方の受け入れを優先しております。
手術日(水曜、金曜)や、重症患者の対応時にはすぐに対応することが困難な場合があります。
救急以外の時間外診療は行っておりません。


関連リンク


慈恵医大整形外科学教室
日本整形外科学会
日本足の外科学会
日本脊椎脊髄病外科学会
日本側弯症学会