東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科
大学院


学長からのメッセージ
大学院研究科の手引き
医学研究科・研究対応部門
大学院研究科募集要項

学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 大学院 > 大学院医学研究科看護学専攻修士課程 > ディプロマポリシー・カリキュラムポリシー
ディプロマポリシーカリキュラムポリシー

ディプロマポリシー(学位授与に関する方針=育成する人材)
   
  本修士課程では、所定の修業年限在籍し、修了要件となる単位を取得するとともに、修士論文の審査及び最終試験に合格し、下記の能力を有するものに学位を授与します。
     
  1. 看護の実践現場で科学的根拠に基づいて課題を分析し、最善策を見出し、課題解決できる能力
  2.

看護の対象者と協働し、対象者の最善の利益を追究した実践が展開できる看護論理を追及する能力

  3. 多職種と協働し、最適かつ最良のケアを提供できる多職種協働・地域医療連携能力
  4. 組織の目標達成を目指して自分の役割を認識し、メンバーの力を引出し活かすリーダーシップ能力
  5. 国際的視点から日本の看護の特性を理解し、世界を見通した看護を考える能力
   
   
カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
   
  ディプロマポリシーを達成するために、以下の方針に基づき教育課程を編成します。
   
  1. 課題解決能力を育成するために、「看護研究方法」を共通必修科目として、「医療統計学」を共通選択として1年次に、「感染防御論」を共通選択として2年次に配置している。また、「看護学特別研究機廖峇埜邀愼段霧Φ罩供廚砲いて修士論文を全学生に課している。さらに、専門科目で強化している。
  2. 看護倫理を追究する能力を育成するために、「看護倫理特論」「研究倫理特論」を共通必修科目として、「看護理論特論」を共通選択として1年次に配置し、「看護歴史学」を共通選択で2年次に配置している。さらに、専門科目で強化している。
  3. 多職種協働・地域医療連携能力を育成するために、 「保健医療システム論」「コンサルテーション論」「看護管理学概論」を共通選択科目として1年次に配置している。さらに、専門科目で強化している。
  4. リーダーシップ能力を育成するために、「医療者教育論機廚魘δ棉修科目として、「看護教育特論」を共通選択科目として1年次に、「医療者教育論供廚2年次に配置している。さらに、専門科目で強化している。
  5. 国際的視野から考える能力を育成するために、「国際医療論」を共通科目として2年次に配置している。さらに、「看護学特別研究機廖峇埜邀愼段霧Φ罩供廚廼化している。
   

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.