東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学

医学部医学科
医学部看護学科
大学院


学長からのメッセージ
大学院研究科の手引き
医学研究科・研究対応部門
大学院研究科募集要項
がん専門医療人材養成事業(がんプロフェッショナル)

学術研究



学長あいさつ
icon
大学組織図
歴史
書籍案内
自己点検・評価報告書
入試案内・募集要項
access
西新橋キャンパス

国領キャンパス


お問い合せ サイトマップ トップページ

大学トップ > 大学院 > 大学院医学研究科看護学専攻博士後期課程 > ディプロマ・ポリシー
ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針=育成する人材)
   
  本博士後期課程では、所定の修業年限を在籍し、修了要件となる単位を取得するとともに、博士論文の審査及び最終試験に合格し、下記の能力と姿勢を有するものに学位を授与する。
     
  1. 国民の健康上の課題を解決するために新たな知識や技術を創造する研究能力
  2. 看護学の学識者として看護哲学を追究する姿勢
  3. 多様な学問分野の研究者や実践者と国際的・学際的に協働し活躍する能力
  4. 看護の責任と役割を果たすために組織を変革する能力
  5. 新たな知見を次世代に伝え人材を教育する能力
   
   

top
copyright(c) 2004 The Jikei University. All right reserved.