附属病院(本院)紹介

附属病院事務部長より

 病院事務部は、附属病院の管理業務を担当する管理課、医事業務を担当する業務課、病院直轄の医療安全管理部、臨床研修センター、患者支援・医療連携センター、治験センター及び医療保険指導室など、病院の多種多様な業務を担当し、病院の運営を支援しています。従前の事務員の役割とは「縁の下の力持ち」的な存在でしたが、現在では、病院経営におけるマネジメント能力のある事務員が組織をリードし現場で活躍しています。特に医療現場に配属されている事務員は、チーム医療に参加し医師やコメディカルと対等な立場で経済的視点を含めた運営面において、積極的に提案するなど職場の活性化の牽引役となっています。
 当院で働く教職員全員が全身全霊をもって最善・最高の医療が提供できるよう日々努力しています。情熱とエネルギッシュのある皆さん、伝統のある当院で一緒に働いてみませんか。

附属病院の概要

 医の王道を歩み、未来に飛翔(はばたく) 慈恵、世界の医療をリードする大学病院
 附属病院(本院)は、建学の精神に基づき1世紀以上に亘り時代のニーズに対応した最善・最高の医療・看護を提供しています。
 本院は、高度機能を有する特定機能病院として、高度・先進的医療の開発及び実践とともに、事務職・看護職などコメディカルとのチーム医療を通じて、患者さんが安心して医療が受けられる環境を構築しています。当院は全国から数多くの患者さんが来院しており、1日平均外来患者数は約3,000名、1日平均入院患者数は約900名、年間手術件数は15,000件を越える、日本全国でも有数の規模を誇る大学病院です。数年後には、新外来棟を開院し、機能面、効率面、アメニティーなどを充実させ患者さんの満足度の向上に努めてまいります。

附属病院の特色について

(1)事務職員研修施設
他大学病院では稀である事務職員専用の研修施設が充実しています。入職時に医事業務を習得する職員には、慈恵・認定医療事務養成コースの研修を約1カ月間受講し、その後、実務者研修、フォローアップ研修、マネジメント研修、スキルアップ研修など事務職員の育成に特に力を入れています。

(2)病棟事務員の現場
病棟事務員を発生源の現場(病棟)に配置し、医師、看護師などで構成されるチーム医療に参画させ、経済や経営的視点から診療全般にわたりサポートできるスキルの高い医療事務員が活躍しています。

(3)患者支援・医療連携センター
患者さん中心の医療をさらにスムースかつ効率的に推進する目的で設立された組織です。患者さんの受診から入院、退院までの一連の流れを迅速に行うために、患者さんの受診をサポート(紹介、逆紹介、診療案内など)する前方支援業務と、退院、転院、在宅医療などの後方支援業務を一体化させ、有機的に機能するために、医療連携部門に配属された事務員が在宅療養支援部門、ソーシャルワーカー部門と連携を行いながら取り組んでおります。

アクセスマップ

http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/access.html

【御成門駅/大門駅/浜松町駅方面】


【神谷町方面】


【霞ケ関駅/虎ノ門駅方面】


【内幸町駅/新橋駅方面】


採用情報 就職説明会 採用試験 FAQ