腫瘍センター長
丸毛 啓史

我国ではがん患者の高齢化に伴い、がん以外の疾病を抱えた方が増加しています。一方、高度ながん治療を提供するにおいては予測不能に合併症を発する方もおります。このため、当院では、従来あるキャンサーボードをより強化するために新たに腫瘍センターを設立しました。これにより、直接がん診療を行なう診療科とそれを支援する診療科の更なる連携強化(チーム医療の実践)を推進してまいります。

慈恵は、本院を中心として3つの分院、ひとつの診療所が首都圏エリアに位置し、相互に機能的な医療の連携を行っております。4附属病院を併せると約2,700床を有し、一日の外来患者数は約7,500名と国内有数の規模を誇る大学附属病院であります。その持てる総力をフル稼働して、治療を求められる患者さんとそのご家族の期待に応えてまいります。

腫瘍センター長 丸毛 啓史

TOPICS

附属病院(本院)トップページ

地域がん診療連携拠点病院の
指定を受けて