地域がん診療連携拠点病院の役割

厚生労働省は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を戦略目標として掲げており、がん対策基本法(平成18年法律第98号)及び同法の規定に基づき、平成19年6月「がん対策推進基本計画」を策定し、これによりがん対策が進められてきました。このなかで、各都道府県の二次医療圏に一箇所程度を目安に「地域がん診療連携拠点病院」を指定し、その地域のがん診療の拠点とする事業を推進しています。

附属病院では、平成24年4月1日に東京都区中央部)における地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

この二次医療圏には、千代田区・中央区・港区・文京区・台東区が含まれ、当院をはじめ東京大学附属院、順天堂大学医学部附属順天医院、日本医科大学付属病院、聖路加国際病院、虎の門病院など何れも国内有数の医療機関が地域がん診療連携拠点病院に指定されています。



附属病院(本院)トップページ

地域がん診療連携拠点病院の
指定を受けて