情報の収集提供体制

がん相談支援センター

患者さんやご家族あるいは地域の方々からの、がんに関するご相談をお受けする相談窓口です。診断や治療の判断をすることはできませんが、「どの科・どの病院を受診したらいいのかわからない」、「がんの疑いと言われたけれども不安でたまらない」、「診断や治療についてもっと詳しく知りたい」、「医療費は、どれくらいかかるのか知りたい」、などのがんに関するご相談に対応いたします。ご相談は、当センターに直接いらしていただく方法と電話をかけていただく方法があります。また、附属病院におかかりでない方のご相談もお受けしています。

がん相談支援センターの詳細はこちら

院内がん登録

情報の収集提供体制面で「院内がん登録」は必須であり、がん対策情報センターが行なう研修を受講した専任の院内がん登録の実務を担う者を配置し、毎年、院内がん登録の情報をがん対策情報センターに提供し、併せて、東京都の地域がん登録事業にも積極的に情報提供しています。

附属病院では「がん登録室」を設置し、関係部門協力のもとシステムを構築し、2007年より登録が行なわれています。現在は、更に充実した登録に向け、登録項目の見直し、予後調査にあたっての体制整備を進めています。

以上のように地域がん診療連携拠点病院としての指定を受けた後に着々と体制が整ってきていますが、更なる体制構築に当たり附属病院の教職員全員が一丸となって努力してまいります。

関連ページ


国立がん研究センターがん対策情報サービス(院内がん登録)

東京都地域がん登録


附属病院(本院)トップページ

地域がん診療連携拠点病院の
指定を受けて