慈恵医大看護学科 6つの魅力

少人数制で学生一人ひとりの個性と
能力に応じたきめ細かい教育のもと、
本学では、必要な基礎知識・技術を
主体的かつ積極的に学ぶ姿勢を
大事にしています。

看護教育130年の伝統

F棟-かつてのナイチンゲール病棟の外観が
そのままいかされています

東京慈恵会医科大学医学部看護学科の前身は、明治18年(1885年)に、日本初の看護教育機関として設立された有志共立東京病院看護婦教育所であり、日本で最初に看護師の教育を始めた大学です。

以来、「病気を診ずして 病人を診よ」という患者本位の姿勢を建学の精神とし、歴史ある慈恵の看護教育の流れの中で「医師と看護婦(師)は車の両輪の如し」という学祖・高木兼寛の信念を受け継いで、看護学科は平成4年(1992年)に開設されました。

日本初の看護教育機関、
130年の看護師教育

心に残る、伝統ある行事も大切に

慈恵のスピリットが根づく
「チーム支援」が学べる環境

本学では1年生の早い時期から、看護師のみならず医師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師など、将来同じ医療現場でパートナーとして働く様々な医療職種に触れる実習があります。

4年間を通して、地域医療連携能力や問題解決能力を養いながら、実際の現場において看護の対象である人々をチームで支援する経験を重ねていきます。

医学生と看護学生が“両輪”
のように、将来に向けて学ぶ

「医師と看護婦(師)は車の両輪の如し」という学祖の考えを反映し、大学設立当初からチームで支援するという姿勢を大切にしています。

  • ● 医学部の中に看護学科が設置されています
  • ● 医学科の学生との共修科目を多く取り入れています

少人数制できめ細かな教育

少人数制だから仲間とのキズナが深まり実習も勉強も頑張れる!

「60:40」―際立った少人数制

1学年定員60名に対して、専任教員が40名という少人数での教育を行っています。グループワークや演習形式を多く取り入れており、自ら考え実践する体験を通し看護実践能力を身につけていきます。

国際感覚を育む、密度の濃い外国語教育

いま医療現場では、多様な文化的バックグラウンドを持つ患者さんのケアや、多国籍の医療パートナーと働く機会が増えています。また、国際的な医療現場で活躍できる人材の活躍ものぞまれます。

本学は、1・2年次では通年にわたって、少人数制かつグループワークを活用した外国語学習の授業が設けられており、充実した語学教育を受けることができます。

学生生活アドバイザー制度

1・2年生には、5~6名に対して1名の教員が学生生活アドバイザーとなり、皆さんのサポートにあたります。

充実した学修環境

4つの附属病院はじめ地域の多種多様な医療機関で実習が経験できるなど充実した臨地実習プログラムが本学の特徴ですが、そのほかにも、4年間一貫して学生の成長をうながす効果的な学修の仕組みがもうけられています。

2年生から4年生まで、進級した4月には学修の到達度を確認する「科目横断総合試験」が実施されます。その結果をふまえて「リフレクション」(振り返り)を行うことで、各自が1年後ごとにVision(将来像)・Goal(目標)を見直し、学年の始まりにのぞみます。
リフレクションには、個々人の学修の成果が蓄積される「eポートフォリオシステム 」を活用します。

一人ひとりが自分のめざす看護師像に向かって確実に進んでいくことのできる、充実した学びの環境です。

科目横断総合試験とリフレクション(振り返り)で
学習到達度を確認

eポートフォリオシステムで
Vision(将来像)・Goal(目標)の見直し

4つの附属病院と
多様な医療現場での実習

慈恵の病院での実習だから将来の現場の雰囲気を感じやすい!!

学生一人ひとりの主体的な学びを支援する「eポートフォリオシステム」

優れた看護実践者になるためには、必要な基礎知識・技術を主体的かつ積極的に学ぶ姿勢が欠かせません。本学では、自分でVision(将来像)とGoal(目標)を描き、学修するなかで獲得した情報、自分の変化や成果を、一元化した学びのファイルとしてサーバに蓄積し管理する「eポートフォリオシステム」を活用しています。
学生は、いつでも、どこでも、そして繰り返し、自分の成長過程や学びの過程を確認できます。学修のサイクルを回すことで、自分の目標や獲得したい能力をめざして、自律的な学びを促進することができます。

※看護学科のe-Portfolioシステムは、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する日本eLearning Awardsにおいて、2015年に第11回部門賞を受賞しています。

国家試験(看護師・保健師)
合格率の高さ

本学の卒業時には、看護師国家試験受験資格、保健師国家試験受験資格(選択者のみ)を取得することができます。
国家試験では看護師は3年連続で100%の合格率を達成しており、保健師とともに例年高い合格率を維持しています。

学生主体の国家試験対策で
みんなで合格をめざします

1年ごとの「科目横断総合試験」で
着実に知識が定着します

これまで一緒に頑張ってきた仲間とだから国試に向けて共に頑張れる!100%合格

看護師・保健師国家試験合格率の推移

看護師国家試験合格率100%! 看護師国家試験合格率100%!

看護師・保健師国家試験合格率の推移:図 ●看護師国家試験 全国平均91.0%(平成30年)●保健師国家試験 全国平均81.4%(平成30年)

専門性を高める大学院教育

卒業後には、より高度な専門性を身に付けることをめざして、大学院の博士前期課程に進む選択肢もあります。
本学の医学研究科看護学専攻博士前期課程では、高度な看護実践能力に加えて、研究・教育能力を持つ看護実践者や、臨床現場のリーダーとなれる者、看護の教育者となる人材の育成をめざしています。看護の専門知識を深め技能を高めるとともに、変化する社会要請や医療を取り巻く諸問題に適切に対応できる能力を磨きます。

また、医療に関わる人間関係のトータルケアのプロフェッショナルである高度実践看護師(専門看護師)をめざすこともできます。

以下の3つの分野については、それぞれ専門看護師の認定審査受験資格を取得できる課程が設けられています。

成人看護学分野
取得受験資格急性・重症患者看護

がん看護学分野
取得受験資格がん看護

地域連携保健学分野
取得受験資格在宅看護