実践能力が身につく講義・実習

カリキュラム

看護専門職に必要な知識や技能だけでなく、病める人の心に寄り添える資質の高い看護実践者の育成を目指しています。

カリキュラム:図

1年生

教養教育科目 看護専門基礎科目 看護専門科目

医療基礎科目では、医学科生と一緒に演習やディスカッションを行いながら、物事を総合的・多面的に理解する能力、医療者に必要な倫理的知識・技術・態度を習得し、自分自身を客観的に理解する能力を習得します。看護専門科目では、生活援助の基礎や生活援助の方法と実践について学びます。

夏休み前の病院実習

看護学生としてのはじめての実習(基礎看護学実習)では、看護師をはじめとして、医師・栄養士・薬剤師などの医療専門識者に同行し、実践活動に参加します。
「看護とは何か」を考え、看護職者を目指すものとしての自分の在り方を見つめます。

2年生

教養教育科目 看護専門基礎科目 看護専門科目

病気のメカニズムと治療プロセスなどの疾病・治療学や、薬理学、臨床栄養学などの科目が始まります。また、各看護領域の講義・演習も本格的に始まり、より実践的な学習を行います。

初めて患者さんを受け持つ実習がスタートします

2年生前期の実習(生活過程援助実習)では、初めて日常生活援助を必要とする一人の患者さんを受け持ち看護実践を行います。

3年生

看護専門基礎科目 看護専門科目

前期までの学内演習や、後期から始まる臨地実習などの自ら考え実践する体験を通し、看護実践能力を身につけます。

看護実践力を身につける実習

実習では、患者さんを受け持ち、病状、治療方針、看護方針、生活背景などの個別性をふまえて、看護計画を立て、必要な援助を実践するプロセスを学びます。

公衆衛生看護学の講義(保健師教育選択者)

人々が生活する場である地域において、健康と生活を守り、質を高めていくための看護の知識を習得します。

実践能力を高める充実した教育環境

モデル人形や高機能シミュレーターなど多くの教材が完備されており、臨床の現場により近い環境で技術を磨くことができます。少人数制のため、一人ひとりが納得できるまで練習をすることができます。

4年生

看護専門基礎科目 看護専門科目

実習の総まとめとして、個々の学生が関心の高い領域を選択する総合実習を行います。また、チーム医療や倫理的問題など、専門性の高い授業を医学科の学生とともに学びます。

公衆衛生看護学の実習(保健師教育選択者)

人々が生活する場である地域において健康と生活を守り、質を高めていくための看護を考え、実践します。

4年間の集大成である卒業研究

自分の関心分野において看護研究を行い、成果をまとめて口頭発表し、看護研究論文を作成します。

学習をサポートする環境の充実

自己学習やグループ学習のためのノートパソコンの貸与や、実習中の入寮制度(人数限定)や臨床心理士のカウンセリングによるメンタルヘルスサポートなど、学習をサポートする環境が整っています。

教員からのメッセージ

看護学科長北 素子教授
(在宅看護学)

在宅看護学では、健康上の問題を持つ人が、自宅やそれに準じた環境で、よりよく生活を継続できるように支援することを学びます。学内での小グループによる演習で、自宅への訪問看護場面を設定したロールプレイングを含む実践的な学習を終えた後、病院の退院支援部門や訪問看護ステーションの実習で実践力を高めます。実践経験豊富な教員が、学生達をしっかりフォローしています。恵まれた学習環境で、一緒に学んでみませんか。

田中 幸子教授
(基礎看護学)

本学科は、少人数制できめ細やかな指導体制をとっており、医学科の共修科目も多い点が特徴です。主な実習は、卒業生も活躍している4つの大学附属病院で実施しており、充実した学修環境にあります。入学するとすぐに、医学科とのスタートアップセミナーがあります。一緒に学ぶことで、看護専門職を志すモチベーションがさらに高まると思います。本学科で看護学を学んでみませか。みなさんのご入学を心からお待ちしています。

Indexに戻る
Next キャリア支援