日本にとどまらず、
海外の看護も見てみたい

1年生 芹澤 光一
私立広尾学園高校出身

Q1 入学して良かったことは何ですか?

少人数であることと、環境が整っていることです。

1つ目は、少人数であるところです。先生にいろいろ相談しやすいのはもちろんのこと、男子学生はやはり少ないのですが、少人数であるおかげで男女関係なくみんなと仲良くなれます。また、医学科との共修科目があり、部活でも一緒に活動するので男女比はほとんど気になりません。水泳部に所属しているのですが、看護専門学校の学生も参加できるのでさらにたくさんの友達ができます。
2つ目は、環境が整っていることです。教室は冷暖房完備で綺麗なので集中できますし、学生ホールはリラックスできる空間です。

Q2 どのように受験勉強をしましたか?

ほとんど塾に通わなかったので、学校のテキストや、苦手分野のプリント、過去問を解いていました。

勉強時間は日によってまちまちですが、調子のいいときは寝る前まで、やる気が起きないときには最低限やることを設定して、それをこなしていました。
慈恵医大看護学科の入試で鍵になる科目は英語です。通っていた高校のコースでは授業で簡単な医学の英単語を教えてくれていたのですが、それでも単語対策は必要でした。

Q3 将来の夢を教えてください。

まだ入学して間もないので定まっていませんが、救急、心臓外科、ICUのどれかで働きたいと考えています。

また、日本にとどまらず、海外で働くことも視野に入れています。慈恵医大看護学科で学ぶことを活かして、海外の看護を見に行ってみたいと思っています。

Indexに戻る
Next
 1年生 篠田 美和子